虹のコンキスタドール・ねも(根本凪)が、“ソロ公演”と題した発売記念インストアイベントを開催

写真拡大

虹のコンキスタドールが現在、9月5日(火)発売のメジャー1stトリプルA面シングル「キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜/じゃんぷ!/夏の夜は短すぎるけど…」のリリースイベントを展開中。

【写真を見る】ねもちゃん、「けものフレンズ」“コツメカワウソ”のコスプレで歌い踊る!

9月1日には、根本凪が東京・TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店で“ソロ公演”と題した発売記念インストアイベントを行った。

根本の“ソロ公演”は「ようこそ、ジャパリパークへ」という掛け声からの、アニメ「けものフレンズ」(テレビ東京系ほか)のオープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」(どうぶつビスケッツ×PPP)のカバーでスタート。

作中のキャラクターで、根本のキャッチフレーズにもなっている“コツメカワウソ”のコスプレ衣装で根本が登場すると、ファンからは大きな歓声が上がる。

「人生で初めてコスプレをしました」という可愛らしいコスプレ姿で、根本は楽しそうにパフォーマンス。曲中では、「ここはTSUTAYA IKEBUKURO、私は虹のコンキスタドールの根本凪です。本日はお忙しい中、集まっていただきありがとうございます。頑張っていきますので、最後まで応援よろしくお願いします」とファンに呼び掛け、会場を盛り上げていく。

だが、歌唱中にウィッグがずれてしまったようで、歌い終えると「ちょっと、萌ちゃーん!」と会場にいたメンバーの鶴見萌に助けを求める。ウィッグを着け直して再登場した根本は、「お待たせしました。直りました」と照れ笑いを見せた。

その後、改めて「本日はソロイベントに来てくださり、ありがとうございます」と挨拶し、続く「LOVE麺 恋味 やわめ」では“ゆるラップ”を展開。最後のフレーズ「私とラーメン、どっちが美味しい?」では、ファンから「凪ちゃん!」という声が飛び、思わず笑いがこぼれる一幕も。

さらに、先日MVが公開された「アウトラウド feat.根本凪(虹のコンキスタドール)」(E TICKET PRODUCTION)でもラップを聞かせていく。自身の体験ともリンクした歌詞を歌い上げ、「ちゃんと歌えるか不安だったんですけど…ご清聴いただきありがとうございました」とホッとした表情で語った。

そして、早くも最後の曲に。「宴もたけなわということで」という前置きから、先日のワンマンライブでお披露目となった“虹のコンキスタドール虹組”についてコメント。「虹のコンキスタドールとベボガ!(虹コン黄組)の懸け橋となるドリームチームです」とユニットを紹介し、虹組の楽曲「恋のプレリュード」を歌い上げた。

「全曲終わってしまったんですけど、早かったね」と“ソロ公演”の感想を語った後、初音ミクの10周年を記念した360°カメラ「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」のプロモーションを担当することを発表。

「初音ミク『マジカルミライ2017』」(千葉・幕張メッセ)にも足を運ぶほどの初音ミク好きという根本は、「ミクちゃんと仕事ができる!」と喜び、実際にカメラで撮影してみることに。“初音ミクオリジナルシャッター音”に「喋った! 可愛い!!」とテンションも上がり、最後はファンとの記念撮影で“ソロ公演”を締めくくった。

メンバーによる“ソロ公演”は、今回の根本がラスト。この後はメンバー総出演のリリースイベントを経て、9月5日(火)に「キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜/じゃんぷ!/夏の夜は短すぎるけど…」のリリースを迎える。

取材協力:TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店