クロップ語る 残留した教え子

写真拡大

リバプールのドイツ人監督ユルゲン・クロップは移籍マーケットが閉じられたあと初めてFCバルセロナのコウチーニョへのオファーについて語っている。そして、監督クロップはコウチーニョをチームにおいて重要な選手だと考えているようであり、1日でも早いチームへの復帰を望んでいる。

「今、我々のチームには素晴らしい選手がいる」というのが、ドイツの『TV Sports1』のインタビューでの監督クロップのコウチーニョについて最初のリアクションである。

また、同監督は「我々は素晴らしい選手を歓迎する」とコウチーニョについて語るとともに、コウチーニョとデンベレの状況については明確に差別化しており、「我々の状況があり、彼らには彼らの状況がある。ジョージ・オーウェルのように全員が起こることすべてを理解しているわけではない。ボルシア・ドルトムントはデンベレを放出することを決断した。だから、我々と比較することはできない」とも語っている。

「リバプールはチームに大きく貢献してくれる選手を引き続き保有することになる」とコウチーニョについて監督クロップは言及している。