画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●需要予測機能がタクシードライバーの助けに?

ディー・エヌ・エー(DeNA)はAIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」を開発した。神奈川県タクシー協会と共同で実用実験を行い、2018年1月以降の実用化を目指す。AIの活用でタクシーの使い勝手はどのように変化するのだろうか。

○場所指定で配車依頼、決済はネットでスムーズに

まず、タクシー利用者の立場でタクベルを使用する場合に何ができるのかを見てみると、乗客は予想到着時間を事前に確認した上で、場所を指定してタクシーの配車依頼を行うことができる。迎車地点でタクシーと効率よく出会えるようにするため、タクベルでは互いの現在地を地図で確認することが可能。ドライバーと乗客は、定型メッセージを送り合うことで互いの状況を知らせたり、「5分ほど遅れる」ことを相手に伝えたりできる。事前にクレジットカードを登録しておけば、降車時にはスムーズなネット決済が可能だ。

AIの恩恵を受けるのはタクシーの乗務員だ。タクベルにはAIを活用した「需要予測システム」が入っており、運行中の車両から集めたビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員にリアルタイムにタクシー需要予測情報を提供する。「流し」で乗客を探す際など、これまでタクシードライバーは自身の経験や勘で需要予測を行っていたが、これがシステム化されていれば、例えば新たに乗務員として仕事を始める人にとっても大いに助けになるだろう。

○タクベルの実用化に取り組む両者の思惑は

実用実験は9月12日から10月31日までの予定。乗務員専用端末(スマホ)を搭載したタクシー約200台が横浜市の中区、西区、JR横浜線沿線のエリアを走行する。神奈川県内では2018年1月以降のアプリ実用化を目指すが、DeNAは将来的に、神奈川県以外の地域でも順次導入を進めたい意向だ。タクベルには今後も改良を加える予定で、乗務員のアプリには、周囲の電車遅延や大規模イベントの情報を通知する機能の追加を検討中。乗客側では会社・車種指定の配車や定額運賃対応といった機能強化を考えているという。

タクベルが日本中で使えるようになれば、タクシーを拾いやすくなりそうだし、電話で配車を頼む時のように待たされたり、たらい回しにあったりするケースも少なくなりそうだ。ネット決済の便利さも容易に想像できる。これらの利点はライドシェアについてよく言われることだが、タクシー業界としても、ITの活用を進めなければライドシェアに顧客を奪われるとの危機感があるのだろう。次は、タクベルの実用化に取り組む神奈川県タクシー協会とDeNAの両者の思惑を見ていきたい。

●ライドシェアに危機感を抱くタクシー業界、DeNAの考えは?

○ライドシェアへの対抗にはITが不可欠

タクベルの実験に取り組む神奈川県タクシー協会には、ライドシェアが日本で普及することに対しての強い危機感がある。協会の常任理事経営委員長でアサヒタクシー代表取締役の藤井嘉一郎氏は、タクベルの発表会に登壇し、タクシー業界の課題として「白タク・ライドシェア対策」と「労働力の確保」の2点に言及。ライドシェアが入り込む余地のない輸送サービスの構築を目指すにあたり、ITの導入は喫緊かつ必須の課題とした。

実際に利用した人からはライドシェアが便利とも聞くので、日本ではタクシーとライドシェアが両立するような形になればとも思うのだが、藤井氏はライドシェアについて、「安心・安全」と事故の際の「事業者責任」に問題があると指摘。ライドシェアが撤退せざるを得ないような輸送サービスをタクシー業界で構築したいとの考えを示した。

ライドシェアは価格の安さも大きな魅力だが、藤井氏は、ライドシェアがタクシーと同レベルの安心・安全を担保し、事業者責任を明確化するとすれば、料金も上がらざるを得ないと見る。ライドシェアがタクシー並みのサービスを実現しようと思えば料金が上がり、価格競争力はなくなるとの考え方だ。

○なぜDeNAはタクシー業界と組むのか

意外だったのは、IT企業のDeNAがライドシェアに乗り出すのではなく、既存のタクシー業界と手を組んで配車アプリを始めることだ。勝手なイメージかもしれないが、ライドシェア対タクシー業界という構図において、IT企業はライドシェア側に付きそうな感じがするからだ。

この辺りの事情についてDeNAオートモーティブ事業本部の江川絢也氏に聞いてみると、DeNAが目指すのは「あらゆる人やモノが、安全快適に移動できる世界」だそうで、今回の件は、「地域の交通をどうするか」という大きな流れで考え、タクシー業界と組むことに決めたという。タクシーという既存の交通機関を、より身近で気軽に利用できるサービスに変えていくというのがDeNAの考えだ。

実際問題として、タクベルのようなサービスが普及し、タクシーの使い勝手が向上すれば、地域の足として、タクシーを利用するシーンが増えるかもしれない。目的地が一緒の客が同乗できる「相乗り」のような機能も、タクベルに実装されれば便利そうに感じたが、その点については「需要を束ねてしまう」側面もあるので、実用実験で「検討していく」(藤井氏)とのことだった。