アングル:シリア空中戦、米操縦士が語る「一触即発の危険性」

写真拡大 (全2枚)

[中東の米軍施設 28日 ロイター] - 米空軍のジェレミー・レンケン中佐は、次に何が起きたとしても、シリア内戦をエスカレートするかもしれないことを知っていた。

4人の子どもの父親である40歳のレンケン中佐は、F15E戦闘機「ストライクイーグル」に搭乗し、地上の米軍が支援する部隊とその顧問らを殺害しようとしたイラン製ドローンの周りを「レーストラック」パターンで飛行していた。

ドローンは最初に放った一撃が不発に終わった後、再び攻撃態勢をとろうとしていた。

6月8日、レンケン中佐は、この日までの米軍によるシリア空中戦において前例のなかった行動に出た。遠くからロシアの戦闘機2機が偵察するなか、ドローンを撃墜したのだ。

「ドローンが友軍に狙いを定めるのを目にして、誰かの許可を待っていることなどできなかった。われわれはそれを破壊した」と、レンケン中佐はこの出来事について初めてインタビューに答え、こう語った。

レンケン中佐によるイラン製ドローン「シャヒード129」撃墜は、6月に数週間にわたり、米軍が防衛のために実施した一連の空対空撃墜行動の口火となった。当初、シリアにおける空中戦が急激に悪化する転換点を示すものと思われた。

だが、レンケン中佐と他の米軍パイロットらが6月にドローン2機とシリアの有人戦闘機1機を攻撃する決断を下して以降、シリアを支持する勢力から同様な挑発行動は見られない。米当局者はメッセージが伝わったようだと話す。

レンケン中佐のケースは、多くの点において、シリア内戦のリスクだけを示しているわけではない。同内戦では、ロシア、シリア、米国、そして米国の同盟諸国が、互いの照準範囲内で戦闘機を飛ばしている。

今回の出来事はまた、生死を分けるとともに、内戦に広範囲かつ戦略的な影響を及ぼす決断を瞬時に行わなければならない米軍パイロットの責任の重さも浮き彫りにした。

レンケン中佐は中東にある米軍施設からロイターの取材に応じたが、同施設がある国の要請により、場所は明らかにしていない。

<敵意>

飛行中隊長であるレンケン中佐は、国際武装組織アルカイダによる2001年9月11日の米同時多発攻撃の余波の中で、空軍のキャリアを積んできた。世界貿易センターに航空機をハイジャックした自爆犯が突っ込んだとき、パイロットの訓練を受けていた。以来、中東に幾度となく派遣されている。

そんなレンケン中佐が、シリアの空中戦はユニークだと認めている。

アフガニスタンやイラク、シリアにおける武装勢力との戦いにおいて制空権を享受していた米軍パイロットは、シリアでは、高性能なロシアやシリアの戦闘機、または地上防空システムによってもたらされるリスクを楽観できなくなった。

シリア、ロシア、米国やその有志連合の戦闘機は全て、互いの武器から「逃れられない」射程距離内を飛行している。

「われわれは全面的に交戦可能だ。したがって、『あれはエスカレーションだったか』と判断するには、大変な自制と、状況の微妙な違いの観察を要する」とレンケン中佐は語った。

米国とロシアがそれぞれ支援する地上部隊が、われ先にと残された過激派組織「イスラム国」の支配地域を手に入れようとするなか、地上でも空中でも双方が偶発的に接触する危険性が高まっている。

米軍は、地上戦ではイスラム国の戦闘員にいつどのように対応すべきかを何年もかけて習得してきたが、米軍パイロットはいまだにシリア上空で他の戦闘機の敵意を判別する経験を積んでいる最中だ。

<接近>

1953年以降、敵の戦闘機によって殺害された兵士がいないことを、米空軍は誇りとしている。しかし今回のドローン攻撃は、発生時に車列に加わっていた数少ない米当局者2人の証言が正しければ、それに終止符を打っていた可能性があった。

米軍は当初、ドローンが車列に向かって爆弾を投下したが外れたと説明。車列には、米国が支援する兵士や顧問らが含まれていた。一方、レンケン中佐は、それとは少し異なる説明をしている。

レンケン中佐によると、ドローンはミサイルを搭載していた。ドローンが発射したとき、不発に終わったもののミサイルが車両の1つのドアに当たったという。

「不発弾だったから、とてもラッキーだった」とレンケン中佐。「明らかに致命的な一撃を食らわそうとするものだった」

ドローンを攻撃するのに必要な基準を明らかに満たしていたと、レンケン中佐は言う。

とはいえ、反撃するというレンケン中佐の決断を複雑なものにした要因の1つは、ロシアのスホイ27戦闘機「フランカー」の存在だ。レンケン中佐に狙われていると解釈する可能性があったからだ。

「(ロシア軍パイロットは)私の戦闘機からミサイルが発射されるのを見たら、自分への攻撃と考えるだろうか」とレンケン中佐は説明した。

もう1つの問題は、ドローンが小型なあまり、レンケン中佐が放ったミサイルがうかつにもロシア機に届いてしまう可能性があったことだ。

「エスカレーションする可能性は十分にあった」とレンケン中佐は話す。

同中佐は、パイロットにとって、シリアでの戦いが、地上のイスラム国の標的を単に攻撃していればよかった時期をはるかに超える段階にきていることを学んだという。

米軍パイロットはどのような事態にも備える必要がある。

「この出来事から明らかなのは、戦いがどういうものになるか分かっていると見くびって構えることはできないということだ」とレンケン中佐は言う。

「いかようにも戦況が変異する覚悟をもって臨む必要がある」

(Phil Stewart記者 翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)