近年のカーナビは、市販、純正、用品を問わず大画面化を軸にハイエンド化している一方で、6万円程度以下のエントリーモデルも売れていて、二極化しています。また、新車販売に左右されるカーナビは、今年度も横ばいという見込みとのこと。

2017年9月4日、パナソニックから新しいストラーダ2機種が発表されました。2016年6月に発表された9V型大画面ナビの「CN-F1D」はヒット作になったそうで、今回の新製品は2代目といえる改良モデルで、11月上旬発売となっています。

「CN-F1D」は、他メーカーが通例採用する車載専用パネルなしで大型化を実現したのが画期的で、140以上もの車種に適合し、幅広い車種のオーナーから高い支持を集めてきました。

新型の「CN-F1XD」は、従来の奥行き調整(取付時のみ)、上下スライド、角度調整に加えて、左右方向に15°の変更が可能になったことで、運転席や助手席など見やすい角度に調整しやすくなっています。

また、先代の課題に感じられた操作性も向上。主要スイッチであるメニューやオーディオ、マップ、音量のプラス、マイナスというハードキーは、パネル上面に配置されるのは新型でも同じですが、モニター画面上にソフトキーが表示されるようになり、操作性が大きく高まっています。

なお、ハードキーのブラインドタッチに慣れれば、ソフトキーの表示を消すことも可能。さらに、ハードキーのブランドタッチもキーの突起を強調したり、マイナスのスイッチのへこみを大きくしたりしてやりやすくなっています。また、操作性では、タッチコントロールのスムーズな操作感を実現する「ダイレクトレスポンス」が採用されています。

また、ディスプレイには光の反射を抑え、黒の再現力を高めたという「ブリリアントブラックビジョン」を搭載。ハイレゾ音源再生に対応するほか、オプションのドライブレコーダーと連携するなど、高性能化、多機能化が図られています。

ほかにも、「安心運転サポート」機能が強化され、新たに高速道路での逆走に対して注意喚起する「逆走注意アラーム」も搭載。

価格はオープンプライスで、スイングディスプレイ(左右角度調整)型でハイレゾ対応の「CN-F1XD」の店頭予想価格は約18万円、ブルーレイ対応の「CN-F1SD」が約17万円となっています。

(文/写真 塚田勝弘)

ストラーダ9V型大画面ナビが2代目に進化! 左右角度調整が可能になり、画面もより綺麗にハイレゾ対応へ(http://clicccar.com/2017/09/04/507335/)