「幽霊がいたんだ!」流石すぎるガスコインのエピソード

写真拡大

『GianlucaDiMarzio』は3日、「元ラツィオのMFロベルト・ランバウディは、チームメイトだったポール・ガスコインのエピソードを明かした」と報じた。

1994〜1998年にラツィオでプレーしていた彼は、1年間あのイングランド代表MFポール・ガスコインと同僚であった。

かつては創造性溢れるプレーから天才と称されたガスコインであるが、引退後はアルコール中毒に悩まされ、何度もトラブルを起こしている。

選手として活躍していた時期の彼はどんな存在だったのか?ランバウディによれば、その時も相当にぶっ飛んだ人物だったようだ。

ロベルト・ランバウディ

「ポール・ガスコインはトップレベルを超えるような選手だったよ。ピッチ上でも、それ以外でもね。彼は何度も信じられないことをやったよ…。

彼はジャーナリストを練習場に招待したんだ。記者会見でね。彼はセリエAにデビューして言ったんだ。『自分の仕事をしたのさ』と。

愛すべき男だったな…。しかし問題もあった。

練習が終わると、彼はすぐにバーへ行き、巨大なビールを飲み干していた。

オーストリアでやったプレシーズンのキャンプでは、プールの側に彼と写真を取りたい子どもたちが集まっていたんだ。

しかし、ガスコインはいきなり彼らをプールの中に落としていったんだ」

「彼の言い訳も傑作だった。遅刻して、その理由を尋ねられた際だ。

『幽霊がいたんだ!テレビを見ていたら、オレの前に缶ビールの幽霊が浮かんでいたんだ!』と。

まあ、そんな感じでね」