画像

写真拡大 (全2枚)

 西日本新聞メディアラボは、位置情報を活用したスマートフォン特化型広告配信サービス「LocAD」をリリースした。

 西日本新聞メディアラボは、位置情報データを用いたモバイル広告配信プラットフォームを開発した米国のベンチャー企業Chalk Digitalとの業務提携により、位置情報を活用したスマートフォン特化型広告配信サービス「LocAD(ロカド)」の提供を開始する。

 同サービスでは、位置情報ターゲティングを用いてスマートフォンユーザーへブランド認知および販促広告キャンペーンを実施することができる。店舗や商圏の周辺におけるクーポン型の広告の配信、イベント会場やコンサート会場など多くの人が集まる場所・特定の時間へのピンポイントな広告の配信、空港や港・駅を中心とした訪日外国人向けの言語指定広告の配信など、様々な利用シーンに対応している。

 また、広告配信先はアドネットワークを通じて国内では20,000以上のモバイルアプリ・Webサイトが対象となっており、入札状況に応じて最適な配信先へのバナー広告の配信が可能になっている。さらに海外においては100,000以上の配信先を対象に、グローバルなアドネットワークに接続している。

MarkeZine編集部[著]