会議に出席する胡春華氏(Feng Li/Getty Images)

写真拡大

 中国共産党第19回大会を目前に控える中、胡春華広東省党委員会書記は中国共産党機関紙「人民日報」に習近平氏を擁護する内容の長文を掲載した。重要会議でも習氏の「治国の理念」を強調するなどから、習近平氏に対して忠誠を示したい思惑が隠されている。胡氏がポスト習近平の「第六代指導者」として常務委員入りするとの見方がある一方で、可能性は3割に満たないとみている専門家もいる。

 今年に入り次期政治局常務委員の顔ぶれが取りざたされている。まず有望株とされたのは孫政才と胡春華だった。

 しかし重慶市トップ孫政才は7月に失脚し、貴州省トップの陳敏爾(チェン・ミンアル)氏が後任として充てられた。北京・上海・天津と並ぶ直轄市である重慶市トップから降ろされた孫氏に常務委員となるチャンスはもはやなかった。孫政才が江沢民派であるとの情報もあり、習近平氏が江沢民派を徹底的に排除していると見方が有力だ。

 今度は陳敏爾氏と胡春華氏が常務委員入りの候補として有力視されているが、やはり陳氏が一枚上手と見られている。陳氏は之江新軍(習近平氏の浙江省時代の部下)の一員であり、過去5年間にわたり出世街道を歩んできた。北京市党書記の蔡奇氏や上海市長の応勇氏はいずれも之江新軍の出であり、習近平氏の信頼を受けて要職に就いている。さらに陳氏にまつわる汚職等のスキャンダルは報じられていないため、政治資本にも厚い。

 一方の胡春華氏は胡錦濤氏や李克強首相も属する共産党青年団(共青団、団派)出身で、習近平氏との関係は陳氏ほど濃密ではない。胡錦濤氏の推薦で胡氏は常務委員入りするとされている。ラジオフリーアジア(RFA)は9月1日、有名歴史学者・章立凡氏の見解として、胡春華氏が常務委員入りすると報じた。章氏によると、胡春華氏は団派のホープで、なおかつ胡錦濤氏の推薦もあるため、常務委員入りは問題ではないという。逆に第19回党大会後に反対勢力から攻撃され、後継者として順調に最高指導者に登りつめられるかどうかが問題だと章氏は分析する。

 胡春華氏は有望と判断する章立凡氏に対し、中国問題専門家の林和立氏は否定的な見方を示している。習近平氏は過去五年間に子飼いの部下を次々と抜擢しているため、共青団の胡春華氏は習氏の旧部下を超す何かがなければ不安定要素は消えない。そのため林氏は胡春華氏が常務委員入りする可能性は3割に満たないと見ている。

(翻訳編集・文亮)