宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

今季最高5位…「幸せ」な米最終戦をSNSで胸中吐露「自分が頑張ってきたご褒美」

 米女子ゴルフのポートランド・クラシック最終日は3日(日本時間4日)、13位から出た宮里藍(サントリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダーで今季最高の5位。次戦はエビアン選手権(仏エビアン・リゾートGC)に参戦するため、米最終戦となった宮里は涙を見なかったが「泣かないように必死でした」と自身のインスタグラムで胸中を明かしている。

「アメリカ本土の最後の試合が終わりました!」とつづった投稿では「先ずはステイシーの素晴らしいゲームに拍手を送りたいです。彼女は今週の賞金を全てハリケーンで災害が起きたヒューストンに寄付をします。それをモチベーションに勝つなんて、彼女だからこそ出来たんだと思います。ステイシーおめでとう!!!」と優勝したステイシー・ルイス(米国)を称賛した。

「そして、今年も素晴らしい試合を提供してくださったスポンサーの皆様、ボランティアの皆さん、運営の皆さん、本当にありがとうございました!」と宮里らしく自分のことより先に周囲に感謝の言葉を述べた。

 なかでも、心に残ったのは18番ホールだったようだ。大会側の粋な計らいでグリーンに上がる際に宮里のキャリアを紹介するアナウンスが流れ、感動を呼んでいた。

感動の計らいに感謝「こんなに幸せな気持ちでいられることが頑張ってきたご褒美」

「最後のホールは、グリーンに上がる時に私のキャリアをアナウンスして紹介してくれました。それからそこにいたギャラリーの皆さんの拍手と、スタンディングオベーション、トーナメントディレクターのトムとロブからの花束、本当に本当に心から嬉しかったです。私のキャリアに置いて、一生記憶に残る瞬間でした。こんなに素敵な大会とご縁があり、こんなに幸せな気持ちでいられる事が自分が頑張ってきたご褒美な気がしています」と感極まる想いをつづった。

 次週のエビアン選手権が泣いても笑っても最後。「あと1試合。この気持ちを胸に、全力で頑張ります!!!」と記した。そして、ハッシュタグには「選手として こんなに幸せな事はありません 泣かないように必死でした」などと添え、胸の内を表していた。

 ラウンド後には世界のファンから「恋しくなる」「世界にはアイのような存在必要」と惜別の声が上がっていた。果たして、宮里は現役生活の最後にどんなプレーで沸かせてくれるのか。運命の時は迫っている。