セルヒオ・ガルシア【写真:Getty Images】

写真拡大

ガルシアがミスでパット叩きつけ、3Wでナイスバーディー…ファン「これはパター…なのか」

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、デルテクノロージーズ選手権第3日は3日(日本時間4日)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)がふがいないプレーに激怒し、自らのパターを破壊。その後、3Wで打ったパットでバーディーを沈める珍事が発生した。PGAツアー公認のゴルフ専門動画サイト「SkratchTV」が公式フェイスブックに動画付きで紹介し、ファンから「これはパター…なのか?」「ゴルフというのは奇妙だ」と唖然の声が上がっている。

 ふがいなさに怒りが収まらなかったのだろうか。

 4番パー4。ピンまで約11メートルに第1打でつけ、放ったイーグルパットは読み違え、大きく右に逸らしてしまった。すると、次の瞬間だ。視線を落とし、大きくため息をつくような仕草を見せると、手に持っていたパターを頭付近まで上げ、そのまま力任せに振り下ろした。「ボコッ」という鈍い音を残し、コース上はどよめいた。

 案の定、パターはシャフトが曲がり、破壊されてしまった。しかし、“神の子”と呼ばれた男はただでは転ばない。なんと、3Wに持ち替えた。そして、迎えた3打目、あたかもパターを扱っているかのように慎重に3Wで転がし、フックラインを読み切ってバーディーを奪ってみせたのだ。

 今年のマスターズで悲願のメジャー初制覇を果たした名手の怒りの珍バーディーは、米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」が「ガルシアがパターを破壊し、3番ウッドでバーディーを沈める」と報じるなど、各メディアがこぞっと紹介した。

世界で反響、ファンから「愚かなスポーツマンシップ」と批判の声も…

 さらに、PGAツアー公認のゴルフ専門動画サイト「SkratchTV」は公式フェイスブックに動画付きで紹介。すると、ファンも唖然の声を上げていた。

「この直後に3番ウッドでバーディーを決めているのだから、ゴルフというのは奇妙なものだ」

「この姿勢ではメジャーを制することはできない。タイガーやフィルのように取り組むべきだ」

「バーディーを決めていなかったらただのクラッシャーだったろうな」

「これはパター…なのか?」

「愚かなスポーツマンシップを見せ続けてしまえば、勝利に必要な運にも見放されてしまうぞ。このパターだってそれを示しているのかもしれない」

 ガルシアのプレーに驚く声が上がる一方、スター選手としてのふるまいを求めるコメントも多く投げかけられていた。結局、この日は4つスコアを落として通算2オーバーの53位に順位を落とした。

 最終日はミスをしても冷静なプレーで巻き返し、ファンを魅了したいところだ。