4日、中国のポータルサイト・新浪は日本が自衛隊機を飛ばして放射能物質の測定を行ったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年9月4日、中国のポータルサイト・新浪は日本が自衛隊機を飛ばして放射能物質の測定を行ったと伝えた。

日本は北朝鮮により核実験が行われたと確定した後、直ちに核実験による放射能ちりなどを収集するため、自衛隊機3機を三つの自衛隊基地から日本海などに飛行させた。日本ではこれより前、北朝鮮によるミサイルの脅威に対応するため、各地で防災訓練が行われていた。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「今回の日本の反応はずいぶん速いな」「これこそ国民に対する責任感の表れだ」などのコメントが寄せられた。

しかし、「日本はひ弱だな。わが国は和やかに談笑しているというのに」「日本は大げさだな。北朝鮮から数千キロも離れているのに放射能物質を心配するなんて。瀋陽なんか直線距離で100キロしか離れていないのに恐くないよ」という意見もあったが、これは明らかに中国当局の対応を暗に批判している。

また、「中国こそ測定すべきだろ。あんなに近いのだから」「わが党は政権の安定性にのみ関心がある。党の利益はすべてに勝り、ほかのことには関心を向ける時間がない」と、もっと直接的に批判するユーザーもいた。

他には、「日本はまず福島の放射能物質から解決してくれよ」「中国は直ちに北朝鮮と断交し、石油の輸出を停止すべきだ!」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)