子どもの頃から学んでいるはずなのに、いざ使おうとすると頭が混乱してしまう「尊敬語」と「謙譲語」。無料メルマガ『仕事美人のメール作法』の著者・神垣あゆみさんは、「主語」が相手なのか自分なのかをきちんと頭にいれておくことが一番のポイントだとした上で、例を挙げながらわかりやすく解説しています。

尊敬語と謙譲語の混同

まずは無料の省エネシミュレーションをお試ししませんか?

上記の文では、相手に「試しませんか」と呼びかけているのですが、「お試ししませんか」という敬語の使い方は適切ではありません。

「試す」のは相手なので、相手を主語とする尊敬語「お〜になる」を用い「お試しになる」とし、その問いかけの形として「お試しになりませんか」とするのが適切です。

まずは無料の省エネシミュレーションをお試しになりませんか?

「お試しになりませんか?」のほかに「お試しになってください」「お試しください」としてもよいでしょう。

「ここで待っていてください」と相手に伝える場合も「ここでお待ちしてください」というのは誤りで、「ここでお待ちになってください」「ここでお待ちください」とするのが敬語の使い方として適切です。

自分が「待つ」のであれば謙譲語「お〜する」を使い、「ここで(あなたを)お待ちしています」としますが、相手が「待つ」のであれば尊敬語「お〜になる」を使い「ここでお待ちになってください」とします。

尊敬語の「お〜になる」と謙譲語の「お〜する」の混同に気をつけましょう。

主語は誰か?

装置の仕様や精度など、弊社に色々お聞きしたいことがあると思います。

上記の文にある「お聞きしたい」は、相手に自分が「聞きたい」場合に使うのであれば問題ありません。しかし、当社に聞いてください、と相手に呼びかける場合は「聞く」の主語は相手となるので尊敬語「お聞きになる」とします。それに伴い、文末の「あると思います」を「あるかと思います」に変えます。

装置の仕様や精度など、弊社にお聞きになりたいことがあるかと思います。

この文の後に「下記へお気軽にお問い合わせください」のような一文を入れると収まりがよいでしょう。

相手に対して「聞く」のが自分の場合は主語が自分となり、謙譲語「お〜する」を用いて「お聞きする」を「お聞きしたい」と変化させ、下記のような文にします。

装置の仕様や精度など、幾つかお聞きしたいことがございます。

とか

装置の仕様や精度など、詳細をお聞きしたいのですが。

誰から誰に「聞く」のかを整理して、相手に「聞く」場合は尊敬語「お聞きになる」、自分が「聞く」場合は謙譲語「お聞きする」を使い分ける必要があります。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!