自治体・NPO・企業が子どもの貧困解決に向けて協働する

さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

ふるさと納税を活用した「こども宅食」がスタート

子どもの貧困解決に向けた新規事業始まる


本記事はGARDEN Journarism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

文京区と5つの非営利組織から構成される共同事業体は7月20日、厚生労働省にて、子どもの貧困解決に向けた新規事業「こども宅食」のキックオフ記者会見を行いました。

「通常の配送会社さんが届けていくという形でスティグマ(負の印象)を負わないようにしようという配慮があります。お米や飲料、お菓子、また調味料など、あると助かるなというものを詰め合わせて10キロ程度のものをお届けするという形になります」。認定NPO法人フローレンス代表で、「こども宅食」の責任者を務める駒崎弘樹さんは話します。


「こども宅食」では、飲料メーカーのキリン株式会社や備蓄食品を専門とするアルファフーズ株式会社など、10の企業や団体の食品の寄付に支えられています。また、日本で約621万トンあるといわれる「食品ロス」も積極的に活用していくと言います。

今回対象となるのは、文京区内の児童扶養手当を受給する700世帯と、就学援助を受給する1000世帯。QRコードがついた案内状が対象世帯に届けられ、無料通信アプリ「LINE」を通してペーパーレスの申し込みができる仕組みとなっています。今年度は2カ月に1回、申し込みがあった世帯から抽選で150世帯に発送。翌年度からは毎月発送することを目標としていると言います。

「見えにくい」貧困世帯を「見えない」状態のまま

今回、文京区という基礎自治体と手を組み事業を進めていけるメリットを、駒崎さんはこう話します。

「通常こうした児童扶養手当受給者、あるいは就学援助世帯の情報に絡むような事業を民間の支援団体やNPOとともにするということは行政にとってかなりハードルが高い。われわれ民間団体はどこに支援が必要な子どもがいるのかわからない闇の中で一生懸命活動をしているというのが通常のケースになる。自治体とともにやらせていただけることによってピンポイントで支援を届けられる」

昨今、子ども貧困対策として注目を集め広まってきた「こども食堂」。文京区でも「こども食堂」の活動を行う団体は増え、今年度は区の一般会計から運営補助が。しかし、成澤廣修文京区長は、「こども食堂」という支援の形に限界を感じていたと言います。


「居場所づくりになっているんですね。本当に貧困の子どもたちのためにやっている『こども食堂』ではなくて、貧困の子どもも来ているかもしれない、両親は高所得者だけどネグレクトを受けている子どもも来ているかもしれない、仲間が集まるから来ている子どももいるかもしれない。支援に限界を感じておりました。私たち文京区は生活保護率を見ても23区の中で決して高いほうではありません。むしろそれなりの資産や所得を持った方が多い自治体です。そういう自治体であればこそ、『見えない』という状態がむしろ色濃く出てくる可能性がある自治体だと思っています。行政が直接そういった人たちに支援をすると、地域の福祉のネットワーク等で、その子たちが『貧困家庭の子ども』だと周囲に見られてしまう危険性があるので、今回は(行政が前に出ない形で)民間のNPOやさまざまなセクターの皆さんたちと協力し合うという形に意味があると考えています。見えない状態のまま子どもたちにきちんと食料を届けることが子どもたちを守ることにもつながると思っています」


「こども宅食」事業では、LINEを通じての直接的なやり取りやアンケート、また宅配時に宅配員が気づいたことをチェックシートに記入し、こども宅食コンソーシアム事務局に報告するなどの形で、対象世帯へのソーシャルワークも行っていく予定です。

「子どもたちの元に食料を届け、そこでつながり、厳しい環境にあるご家庭の相談に乗り、そしてソーシャルワークをしていきながら共にご家庭の課題を解決していく。食料を届けるだけでなく、そこから後につながる支援、セーフティネットづくりが大切な部分だと感じている」と駒崎さんは話します。

「こども宅食」の大きな特徴は、ふるさと納税が活用されるという点。しかし、駒崎さんは「返礼品はありません」と言います。

「強いてあげるならば、それによって子どもたちの生活が支えられる、世の中が変わっていくという『変化』が返礼品となります。ふるさと納税を文京区にすることで、文京区の一般会計にいくのではなく、この『こども宅食』という事業にそのまま全額いくという形で、人々のふるさと納税という寄付によって回っていくという仕組みになります」

「ふるさと納税のあり方に一石を投じたい」

成澤文京区長は、「ふるさと納税の返礼品競争に一石を投じたいという思いがあった」と話します。


「昨今返礼品主体の競争に対する批判は厳しいですが、われわれも10億円、僕は被害額と言っていますが、ふるさと納税で文京区でも出ていっています。今回貧困家庭の子どもを救おう、幸せを届けようという目的によってふるさと納税のあり方に一石を投じたいという思いもありますし、そのことが子どもの幸せに直接つながるということで、このプロジェクトに賛同しました」

ふるさと納税は、 ̄浜椒丱薀鵐垢鬚茲するための食料の買い足し、配送料、スタッフの人件費、た品を保存する倉庫費用、などに活用される予定です。


それぞれの専門性を生かして

「こども宅食」は、文京区と5つの非営利組織による共同事業体によるプロジェクト。記者会見に出席された、フローレンスの駒崎さん以外の4団体、また専門家の方からのコメントをそれぞれ紹介します。

▷一般社団法人RCF・藤沢烈さん「今回大手の企業様に食品をご寄付いただくことになっていますが、RCFの役割としては、その部分の企画を立案したり調整をさせていただいております。企業としてもこの事業が非常に有効であって、継続的に食品を寄付し続けることが大変大事なんだということをご理解いただいて、参画いただくということが私の役割になっております」

▷NPO法人キッズドア・渡辺由美子さん「私どもはこのプロジェクトの中で、セイノーホールディング様とタッグを組んで、食品を個別に分けて、お宅にお届けするというところを担わせていただきます。キッズドアでは10年ほど、低所得のご家庭のお子さんたちの無料学習支援というのをやってまいりました。ご家庭の状況は厳しいです。『月の後半になると食卓にもやしの出現率がすごく高くなる』とか、『家のコメが切れちゃったので何かご飯ありますか?』といったり、お昼代の予算が100円しかなくて駄菓子しか食べられない、おにぎり1個買えないお家もあります。『こども宅食』プロジェクトでご家庭の食費を少しでもカバーでき、子どものお腹が少しでも満たされたら」

▷一般財団法人村上財団・村上絢さん「日本の上場企業への株式投資などによって得た利益を社会貢献に役立てるために設立。本宅食プロジェクトでは、プロジェクトをスタートするにあたっての初動資金を寄付させていただきました。ふるさと納税という仕組みを使って、さまざまな非営利団体が寄付を集めやすくなり、自治体における諸問題を解決するきっかけになるのではないかと思い、今回寄付をさせていただきました」

日々のエネルギー摂取に困っている子どもたちに

▷認定NPO法人日本ファンドレイジング協会・鴨崎貴泰さん「今回の事業の中では、受益者のお子さんやご家庭にどんなプラスのインパクトが出ているのかを『見える化』していくための『社会的インパクト評価』を担当させていただきます。具体的には、お子さんの栄養状態、またはご家庭の栄養状態がどのように変わっていくのか、今回の目的であるご家庭の貧困状態が根本的にどのように解決していくのかについてデータを取り、事業改善をしながら、その解決を目指していきます」


▷食品ロス問題専門家・井出留美さん「このプロジェクトにおいては食品の分野のアドバイザーとして参加しております。今回お子様のいらっしゃる家庭に提供する食品の一部は『食品ロス』といわれるものを徹底的に活用していきます。たとえば、行政でも備蓄をしていらっしゃいます。それは賞味期限の手前で入れ替えをします。これまで備蓄していたものを寄付していただいて、それを活用する。また、全国のフードバンクからいただいている食品も活用します。食品ロスの問題を解決しつつ、栄養、それから日々のエネルギー摂取に困っているお子さんたちに少しでも役立てるように尽力していきたいと思います」

こども宅食コンソーシアムは、7月20日から年末までの期間で2000万円を目標に、ふるさと納税の募集を始めています。全国の自治体に「こども宅食」が広がることが期待されています。

こども宅食コンソーシアムについては「GARDEN」当該記事へ

GARDEN Journarismの関連記事
【子ども支援】貧困や虐待に苦しむ子どもたちを”日常的な関わりの中で”支える人材を育成したい
【情報教育支援】メディアリテラシーの絵本を母校に届けたい
【被災地支援】子どもたちの施設に人形を送り続けたい!マリオネット作家の想い