香港理工大学は最近、薬剤耐性の強いスーパー細菌「ST11 CR−HvKP」の発見を発表(香港理工大学)

写真拡大

 香港の研究者はこのほど、中国浙江省で肺炎関連の調査で、高い薬剤耐性、強い毒性と感染力とを持つ新たなスーパー耐性菌を見つけた。研究者らは、このスーパー耐性菌の主要感染経路は病院の呼吸器系医療機器だと指摘した。

 複数の香港メディアによると、香港理工大学の応用生物および化学科技学部と浙江大学第2付属病院は共同で、5人の外科手術を受けた元患者を対象に調査を行った。5人は53〜73歳で、2016年2〜4月まで、同病院に入院していた。5人が手術後に重度の肺炎を患い、術後の10日〜4カ月後に、敗血症と多臓器不全で相次いで死亡した。

 研究者らは、5人の患者が同じ新型スーパー耐性菌に感染したと結論付けた。このスーパー耐性菌は肺炎桿菌ST11類に属し、「ST11 CR-HvKP」と名付けた。

 報道によると、ST11 CR-HvKPはヒトや動物の胃腸で増殖できる。強い感染力を持つため、この菌が人体に入ると、肺など各臓器、血管、血液は次々と感染する。現在、治療薬はない。また、免疫力の低い長期入院患者が最も感染しやすいという。

 香港理工大学の研究団責任者は、同スーパー耐性菌のヒトからヒトへ感染する可能性があると指摘したが、現段階では咳やくしゃみによる感染を否定した。

(翻訳編集・張哲)