料理をすると、材料が余ってしまうことがありますよね。

※写真はイメージ

「また今度使おう」と思ってしばらく放置しておくと、冷蔵庫の中でひからびていることも。

無駄にしないように、材料を全部使いきろうとしたら、こんなものが生まれました!

父親の繊細な心が見える

料理が趣味の、きーくん(@key_daisuki)さん。

家に帰ったら、父親がシュウマイを手作りしていました。

※写真はイメージ

親子そろって、料理好き。「血は争えない」といったところでしょうか。

しかし、シュウマイを包み終わった父親は、まだ何か別に作っていました。

きーくんさんは、ひと目見て悟ります。

「完全敗北」

なぜかというと…。

折り鶴!?

柔らかなシュウマイの皮で、折り鶴を作り、油で揚げたようです。

料亭にでも出てきそうな、大変美しい1品。

折り鶴を見た人から、こんなコメントが寄せられています。

素敵な発想。センスある!折り鶴というより、揚げ鶴。お父さんが器用すぎる。春巻きの皮で挑戦したら、うまくいかなかった。シュウマイの皮で手裏剣を折って、対抗しよう!

きーくんさんによると、「塩が軽く振ってあって、パリパリしていておいしかった」そうです。

こんな父親がいると、料理の時間がとても楽しくなりそうですね。

[文・構成/grape編集部]