イタリア戦で2ゴールを決めたMFイスコ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間2日、ロシアW杯欧州予選のスペイン対イタリアの試合が行われた。その試合で大活躍したレアル・マドリー所属のMFイスコが、試合後に心境を語った。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 この日先発出場を果たしたイスコは、2ゴールを決めたほか、バルセロナMFイニエスタやマンチェスター・シティMFダビド・シルバらテクニカルな選手と共に中盤を支配し、イタリア代表を圧倒し続けた。

 見事なFK弾でチームに先制点をもたらしたイスコは、その舞台裏について語った。

 「ラモスが僕に次のフリーキックを蹴るよう言ったんだ。僕は『じゃあそれを入れるわ』と答えたんだ」

 イスコは8分に与えられたフリーキックを主将のセルヒオ・ラモスに譲り、その5分後の13分に訪れた次のチャンスを見事にものにした。まさに有言実行の得点となった。

text by 編集部