パドレスのエリク・アイバー【写真:Getty Images】

写真拡大

究極のファンサービス? パドレス・アイバーがファウル追ってサプライズ・ハグの珍事

 米大リーグで客席に飛び込んだファウルボールを追いかけ、そのまま最前列に座っていた野球少年とハグを交わした選手が出現。メジャーリーガーが繰り広げた“優しい世界”をMLB動画サイト「Cut4」が公式ツイッターで紹介し、全米にほほえみが広がっている。

 見ているこっちが笑顔になってしまう。究極のファンサービスによって、ほほえましいシーンを繰り広げたのは、パドレスのエリク・アイバー内野手だ。

「Cut4」によると、2日(日本時間3日)の本拠地ドジャース戦で珍事は起きた。遊撃を守っていたアイバーは高々と舞ったファウルボールを追いかけた。しかし、白球は三塁側内野席へ。到底捕ることができず、速度を緩めてフェンス際に向かっていった。すると、目の前に大人に混じって最前列に座り、左手にグラブをはめた野球帽の少年の姿が……。

 アイバーは気づいたのか、そのまま少年の元へ。どんどん近づいてきたメジャーリーガーに驚きの表情を浮かべる少年。そして、次の瞬間、信じられないシーンが起きた。

アイバーの背中に両手を回し、背中をポンポン…少年は胸の中で満面の笑み

 客席を隔てるネットがないため、背番号8の大男はなんとそのまま少年を両腕でギュッ。最初は驚いていた少年もアイバーの背中に両手を回し、ポンポンと叩いていた。

 周囲の大人はボールの行方を振り返っているが、目の前でプレーしていた選手に抱きしめられた少年は心の底から幸せそうに、アイバーの胸元でこれ以上ない笑みを浮かべていた。

 これには「Cut4」は「サプライズ・ハグ」と表現し、動画付きで紹介。ファンから「これは偉大だ」などと称賛の声が上がっていた。

 アイバーは33歳のベテラン内野手。試合中に見せた粋な計らいは、さすがメジャーリーガーといったところだろう。一方、少年にとっては突如として訪れた抱擁。大きな胸の中で一生忘れられない幸せを感じていたに違いない。