学生の窓口編集部

写真拡大 (全17枚)



こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

早稲田大学にとって「125」という数字は重要なエポックとして特別視されています。早稲田大学は1882年、大隈重信によって東京専門学校として創立されました。その大隈重信の持論が「人間は125歳まで生きることができる」というもの。「動物は成長期の5倍の生存力を持っているのだから、25歳が成熟期である人間は5倍の125歳まで生きられる」というのが根拠だそうです。大隈重信が言うからこそ説得力が感じられますが、もし私が今こんな持論でレポートを書いたら即落単です……恐ろしい。そんな『人間125歳説』を唱えた大隈重信自身は83歳でこの世を去ることに。死に際に「あと30年早く、人間125歳説を理解していれば……」と言っていたそうです。

早稲田大学の学食「戸山カフェテリア」に潜入! 女子にうれしい充実のサラダバー&ケーキバーも!【全国学食MAP】

ちなみに大隈講堂の塔の長さは125尺となっています。大隈重信像は今なお125という数字を見つめ続けているのですね。

※参照元……早稲田大学オフィシャルグッズ オンラインショップ 125とWASEDA BEARについて
http://www.waseda-shop.com/user_data/bear/

さて、今回はそんなキーワード「125」が店名に付いた、早稲田キャンパス内の「Uni. Shop&Cafe 125」を訪れました。「ユニカフェ」という通称の通り、食堂とカフェをブレンドしたようなおしゃれな空間です。もともとは校友や近所の方々が気軽に立ち寄れるクラブハウスのようなカフェをコンセプトに作られ、次第にランチやデザートを充実させ、現在のようにメニューの豊富なカフェとなりました。

外観と同じく、メニューもおしゃれなのでしょうか? さっそく見ていきましょう!

キャンパス&カフェの外観

早稲田キャンパスは東西線早稲田駅から徒歩5分の場所に位置しています。キャンパス内には坪内演劇博物館や會津八一記念博物館、そして大隈講堂など歴史を感じる建物が数多く点在しています。そしてその125尺の大隈講堂脇にあるのがユニカフェです。

そもそも大学内にこんなおしゃれなユニカフェができたのは、いったいどのような経緯なのでしょうか。先述した通り、早稲田大学は「125」という数字を重要視しています。そこで2007年に創立125周年を迎えるにあたり、周知活動の一環として2002年にオープンしたのがこのユニカフェ。2007年を迎えた後も、併設のオフィシャルグッズショップとともに学生、教職員、地域の人などさまざまな人から愛されるお店として営業を続けています。

外観は全面ガラス張りで外にはテラス席が用意されています。

天気のいい日には風に揺れる葉の音や木漏れ日を感じながら、テラス席で読書なんてしたいですね。

カフェの内観

暖かい印象の照明が照らす店内は、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間が流れています。店内、テラス合わせて約100席ほどあるので、ゆっくりとティータイムを楽しむことができそうですね。

メニューについて

ユニカフェではランチメニュー、ベーグル、スイーツ、ドリンクメニューを展開しています。

ランチメニューは毎日数種類用意されているメインディッシュを自由に選ぶことができます。この日はチキントマトシチュー、白身魚イタリアングリル、ハッシュドビーフ、鰯のカレー南蛮、照り焼きチキン、ココナッツタイカレー、五目麻婆、豚肉と野菜さっぱり塩レモン炒め、ポークヴィンダルカリーの9種類がありました。

上記のメインのみの単品が500円、メインにサラダ、スープ、ドリンクがついたセットメニューが880円となっています。

ベーグルサンドメニュー、さらにはスイーツも充実しています。

早稲田大学「Uni. Shop&Cafe 125」のおすすめメニュー第1位「ハッシュドビーフセット(880円、単品500円)」

ハッシュドビーフとサラダ、スープ、ドリンクがセットになったお得なランチメニューです。メインのハッシュドビーフは具材がトロトロ近くになるまで煮込まれています。味付けに癖はなく、まろやかな味わいに仕上がっています。ルーにたっぷり入った牛肉に満足。そしてルーの下にたっぷり敷き詰められたライスにも満足。ダブルで大満足すること間違いなしの、王道ハッシュドビーフです!

サラダはゴマ風味のドレッシングがかけられています。野菜は新鮮かつシャキッとしていて、塩気が効いたワカメが入っており、よいアクセントになっています。またセットにはスープも付いています。コンソメスープとも鶏ガラスープとも言えるような味で、胡椒が多めでピリッと刺激的でした。

初めは880円という価格に少し高いな……という印象を抱いていましたが、食べてみると満足度が高いセットメニューでした!

早稲田大学「Uni. Shop&Cafe 125」のおすすめメニュー第2位「照り焼きチキン(500円)」

大きな鶏もも肉がドーーーンッと白ご飯の上に載った照り焼きチキン。鶏もも肉を使用しているのでとてもジューシーです! 味付けはシンプルでマヨネーズのみですので、鶏のうまみをダイレクトに味わうことができます。リーフレタスもおしゃれに添えられているので彩りもよく、まさにこれぞカフェ飯! と言えますね。白ご飯は充分に盛られているので男性の筆者もお腹いっぱいになりました。お肉をしっかりガッツリ食べたい方におすすめです!

早稲田大学「Uni. Shop&Cafe 125」のおすすめメニュー第3位「白身魚イタリアングリル(500円)」

チーズ好きにはたまらないこちらのメニューは、白身魚をイタリアン風味にグリルしたもの。とても柔らかい白身魚の上に、イタリアンの代名詞トマトソースがかかっており、ソースには細かく刻んだたまねぎが入っています。そしてその上に分厚いもちもちとしたチーズがたっぷり! 提供直前に焼かれたチーズの香ばしい香りで最高のイタリアン丼の完成です! イタリアン丼ということは……そう、下にご飯が敷き詰められています。食べる前は「ごはんとチーズ、さらにトマトソースって合うのかな」と疑問に思いましたが、これがバッチリ合うんです。まさに和とイタリアンの融合ですね。

早稲田大学「Uni. Shop&Cafe 125」のおすすめメニュー「ガトーショコラ(320円)」

ユニカフェでは食後のデザート類がとても充実しています。たとえばこのガトーショコラはお値段320円。濃厚かつしっとりとした舌ざわりで本格的なガトーショコラを味わうことができます。

シフォンケーキは通常バナナ、抹茶、アールグレイの三種類があり、この日はアールグレイの代わりに季節限定のオレンジがありました。

ドリンクも充実していて、クリームソーダ、黒蜜きなこラテやゆずソーダ、さらには早稲田大学と京都大学が共同開発した古代エジプトのナイルビール(480円)という生ビールも頂くことができます。平日の昼下がりにテラス席に座って、大学構内で飲むビールは罪深い味がしそうです……成人済みの方は試してみてはいかがでしょうか(笑)。

総合評価

おいしさ:★★★★☆
メニューの豊富さ:★★★★☆
オリジナリティ:★★★★☆
おしゃれさ:★★★★★
コスパの良さ:★★★☆☆
ボリューム:★★★☆☆

ユニカフェのすぐ隣には都会のオアシスと呼べる大隈庭園が広がっています。ここ、元は大隈重信の別邸の庭園だったそうです。

早稲田大学には銅像のようなわかりやすいスポット以外にも、実は大隈重信にちなんでいる場所がたくさんあるので、ぜひ探してみてくださいね。そして早稲田大学に寄ったついでに、おしゃれなユニカフェで一休み、なんていかがでしょうか?

文・写真:早稲田大学公認サークル 学食研究会
1999年創立の日本最古の学食研究サークル。男女問わずインカレで現在約60名のメンバーが在籍し、都内を中心にさまざまな大学の学食を巡っています。