真瀬樹里、亡母・野際陽子さん役で『トットちゃん』出演!黒柳徹子から直々オファー

写真拡大

女優の真瀬樹里が、10月2日スタートの新ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月〜金曜12:30〜12:50)で、亡き母・野際陽子さんを演じることがわかった。

今春に新設され、倉本聰脚本の連続ドラマ『やすらぎの郷』を放送し、シニア世代をはじめ幅広い年齢層に大反響を巻き起こした枠「帯ドラマ劇場」。同枠の第2弾となる本作では、40年以上の長きにわたって冠番組『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子の半生と、その家族を含む激動の昭和史を描く。主演の清野菜名と松下奈緒のほか、山本耕史、豊嶋花、竹中直人、高田純次、八木亜希子、佐藤B作、古村比呂、小澤征悦、高岡早紀、凰稀かなめ、黒坂真美といった豪華キャストの出演が決定している。

黒柳と野際さんの出会いは、60年以上前のNHK。NHKの専属女優だった黒柳とNHK新人アナウンサーだった野際さんは局内で出会い、すぐに意気投合。社員食堂に集っては、仕事や恋愛について語り合う大親友になった。その後長年にわたってFAXでやりとりを交わす仲となり、2人の友情は今年6月、野際さんが亡くなるまで続いた。

今回の出演は、野際さんが亡くなってまもなく、黒柳から真瀬に直接オファーが来たという。「その時は役柄については何もお聞きせず、“ぜひやらせてください”とお返事したのですが、それから1か月ほどして事務所を通じて“野際陽子役”と聞き、本当にビックリしました。このタイミングで出演して良いのだろうかと、とても戸惑いました」と、当初は出演を悩んだことを明かした。

そんな迷いを消してくれたのは、ほかでもない天国の亡き母だったという。「実は、“ママの役を演じてほしいと言われているけど、どうしよう”と、仏壇の前で母に話しかけたんです。すると、“やって!”と天国から声が聞こえたような気が、確かにしました。それからは徐々に、例え一部でも母の人生を“生きる”ことができるのは、とても貴重でありがたいことだなと、嬉しく思うようになりました。母が最後に出演した『やすらぎの郷』と同じ枠の帯ドラマということで、母がこの“縁”をつないでくれたのかな、とも……。準備を始めた私のことを、母は天国から“あらあら……!”と笑って見ているのではないかなと思います」と、出演を決意した心境を語った。

役作りについては「アナウンサーからスタートした母は、美しい言葉や発音をとても意識していたので、演じるにあたって、そこにいちばん気を遣わなくてはと思っています。また、若い頃の母と、私の記憶の中にある母とはイメージが違うところもありますし、自分の中で試行錯誤しながらそのバランスを探っているところです」と模索している様子。さらに、若かりし頃の野際さんを演じるべく、長かった髪を30センチ以上もカット。「美容院でカットした直後、皆さんに写真を送ったら“すごく似ている!”と評判がよくてホッとしました。撮影はこれからですが、作品の世界に入って、古き良き“あの時代”を表現していきたいと思います」と意気込みを語った。

そして先日、真瀬はヒロイン・徹子役の清野と初対面。清野は「実は、『やすらぎの郷』で野際さんと共演させていただきました。1シーンだけだったのですが、真瀬さんは本当にお顔も雰囲気もとても似ていらっしゃいます。撮影で少しずつ真瀬さんのことを知って、親友役を演じていきたいと思います。ぜひよろしくお願いいたします」と挨拶。真瀬も「清野さんは、お会いする前にお写真で拝見していたのですが、髪型とメークでこんなに似るのかなとビックリするぐらい、徹子さんに似ていらっしゃるなと思っていました。先ほど初めてお会いしたら、キリッとしたお顔立ちも徹子さんにそっくりでいらっしゃるなと感じました」と語った。

そんな真瀬の登場は、11月後半からを予定。このほか、NHK放送劇団の担任として徹子を温かく見守る大岡龍男役に里見浩太朗、徹子が“かあさん”と慕った大女優・沢村貞子役を浅野ゆう子が演じることも決定している。