古くは王妃や貴族にも愛されてきた犬種が多いフランス。気品あふれる犬種以外にも、闘犬や牧羊犬など様々な役割を担ってきた犬種がいます。今回はそんなフランス生まれの犬種を厳選して6選ご紹介します。

フランス原産の犬種1.グレートピレニーズ(Great Pyrenees)

別名ピレニアン・マウンテン・ドッグ。古くからフランスの山岳や牧草地において、家畜を守る牧羊犬や番犬としての役割を担っていました。骨太の骨格に、ダブルコートの厚い被毛を持つ大型犬です。

その役割から、警戒心の強い性質が残っている場合が多いため、飼い主がリーダーシップを持ってしっかりとした信頼関係を築く必要があります。また、その大きな身体に見合った広くて暑さ対策が可能な飼育環境が必須です。換毛期には相当の毛が抜けるため、毎日のブラッシングが必要です。しっかりとした知識と十分な住環境を確保できる家庭で飼育を行いましょう。

フランス原産の犬種2.バセットハウンド(Basset Hound)

16世紀頃から存在していたといわれるバセットハウンドは「嗅覚ハウンド犬」と呼ばれる通り、その優れた嗅覚を使う猟犬として活躍してきました。骨量が多くしっかりとした体は胴長短足、垂れ下がった皮膚や垂れ耳を持つ中型犬です。

ややマイペースながらも穏やかでのんびりとした性格のバセットハウンドは、争いを好まない優しい犬種です。吠え声が大きいため、飼育環境には配慮が必要です。垂れ下がった皮膚の間に汚れが溜まりやすいため、布などでお手入れをしてあげましょう。

フランス原産の犬種3.パピヨン(Papillon)

フランス語で「蝶」の名を冠し、小型犬の中で最も賢い犬種ともいわれるパピヨン。飾り毛のついた耳が特徴的で、骨が細いシングルコートの超小型犬です。

愛情深く、友好的で興奮性が少ないため、家族で飼いやすい犬種だといわれています。一方、大変賢い分、しっかりと飼い主がリーダーシップを取って信頼関係を築く必要があります。寂しがり屋な面が強いため、留守が多い家庭にはあまり向いていません。遊ぶ時間をしっかりと確保してあげましょう。骨が華奢なため、激しい運動の際は骨折などに十分な注意が必要です。

フランス原産の犬種4.ビションフリーゼ(Bichon Frise)

ふわふわで純白の巻き毛を持つビションフリーゼ。その名にあるフリーゼは「巻き毛」を意味します。その愛らしい見た目と優れた運動能力から、ヨーロッパ各地で愛されてきました。

陽気で活発、賢く感受性豊かな性格です。運動神経がよく活発なため、毎日の運動が必要です。散歩以外にも、室内でのゲームやドッグランで遊ばせるなど、いろいろな運動を取り入れてあげましょう。 抜け毛が絡まりやすいため定期的なブラッシングと、2か月ごとのトリミングが必要です。

フランス原産の犬種5.フレンチブルドッグ(French Bulldog)

闘犬の血統を持つブルドッグやマスティフに平和気質のパグやテリアを交配させ、家庭犬向きの犬種として作出されました。大きな頭にはとがった大きな耳を持ち、筋肉質な胴体には短い尻尾がついています。被毛は短毛の中型犬です。

家族が大好きで愛情深い性質のフレンチブルドッグ。穏やかでフレンドリーな性格ですが、頑固な面を見せることもあります。子犬のうちからコミュニケーションを取り、信頼関係を築きましょう。呼吸器が短い短吻種であり、短毛のため暑さや寒さに弱いです。気温や体温の調整については十分な配慮が必要です。

フランス原産の犬種6.ボルドー・マスティフ(Bordeaux Mastiff)

別名フレンチマスティフと呼ばれ、マスティフとフランスはボルドー地方の土着犬を交配させて作出されたといわれています。闘犬や警備犬、猟犬として使われてきました。深いしわが刻まれた顔に垂れ耳持ち、がっしりとした体にはオレンジに近い赤毛を持ちます。闘犬の名残として皮膚にはたるみがあります。

物静かで従順、落ち着きがある性格ですが、防衛本能が高く警戒心が非常に強い犬種です。力が強く攻撃力があるため、制御できない人や初心者には飼育ができません。犬自身を不幸な目に合うせてしまう可能性があるため、知識と自信がある人のみ飼育しましょう。

まとめ

フランスには闘犬や牧羊犬などの使途犬として活躍してきた犬種が多くいます。大戦などの混乱期には多くの犬種が途絶えそうになりました。そんな中、愛犬家の活動により復活を遂げた犬種もいます。歴史を知ることでよりその犬のことを愛おしく感じます。いつの時代も人間の都合に翻弄されてきた犬。今後はそんな犬が増えないことを願っています。