(撮影=HAJIME KAMIIISAKA )

 高見沢俊彦ソロプロジェクトTakamiyが2日、3日にパシフィコ横浜で『真夏の夜の夢 2017 -Night of Pacifico-』を開催した。同公演は、8月30日にリリースしたベストアルバム『美旋律〜Best Tune Takamiy〜』を引っ提げおこなわれたもの。2日間で約8000人もの観客を動員し、ソロライブとしては3日の公演で62本目(INNOVATION CLASSICS(6本)含む)となり、パシフィコ横浜でのライブは2008年目の初回から数えると10本目の公演となった。

 パシフィコ横浜といえば1994年のこけら落としはTHE ALFEEが実施、その意味ではパシフィコ横浜という場所は非常に思い出深い場所となる。高見沢ソロライブと言えば王子連合との競演が多かったが、今回は名ギタリスト鳥山雄司との競演が話題を呼んだ。オープニング「ULTRA BURN」から始まり「雷神の如く」といきなりアップなナンバーを披露。

 「ライブオブパシフィコへようこそ、2017年横浜アリーナに引き続き今夜も最大の思い出を作りたいと思います。最後まで宜しく!」とのMCから今作のベストアルバムを中心に「ULTRA BURN」「Night of Rouge」「Fantasia〜蒼穹の彼方」と緩急付けた展開で一気に駆け抜け、アンコールではギタリスト鳥山雄司と2人編成で「Without You」他をアコースティックギターに持ち替えて披露。聴かせるナンバーで観客を魅了した。

 大きな見せ場は今作のリード楽曲ともなっている「騒音おばさんVS高音おじさん」、あの宮藤官九郎が作詞した楽曲で高見沢含む3人のギタリストがエンジェルギターをかき鳴らすことで4000人の観客の熱気は最高潮に達しこぶしを振り上げ熱唱した。

(撮影=HAJIME KAMIIISAKA)

 「今が一番いい時期、見える範囲が年代によって変わるがそれも良いと思ってます。これからも一日でも一時間でも長く生きていきたいと思う。10代の時自分が一番尖っていたあの頃の自分とこれからの未来へこの曲を送りたいと思います」と語った後「孤独なRudy Boy」を歌唱、観客はかみ締めるように曲を聴き約3時間に及ぶ公演は幕を閉じた。

 なお、THE ALFEEは10月5日から埼玉県・サンシティ越谷市民ホールで、秋ツアー『Best Hit Alfee 2017 秋フェスタ』をスタートさせる。

(撮影=HAJIME KAMIIISAKA) (撮影=HAJIME KAMIIISAKA ) (撮影=HAJIME KAMIIISAKA) (撮影=HAJIME KAMIIISAKA) (撮影=HAJIME KAMIIISAKA)