スペイン戦完敗のボヌッチ、悔しさを滲ませつつも「言い訳はない」

写真拡大

0−3と完敗を喫した2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の対スペイン代表戦にフル出場したミラン所属のイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、自身の想いをインスタグラムに綴った。

Una sconfitta pesante contro un avversario dalle qualità indiscutibili. Zero alibi comunque, per una prestazione che deve insegnarci tanto. Adesso non dobbiamo perdere di vista l'obiettivo Mondiale. Contro Israele non potrò esserci ma sono certo che i miei compagni daranno il massimo!!! // A heavy defeat at the hands of an undisputed rival. No excuses though, it was a performance that taught us a lot. Right now our focus has to stay on the World Cup. I won't be there for our match against Israel but I know that the rest of the team is going to do their best. 💪💪 #LB19 #VivoAzzurro Leonardo Bonucciさん(@bonuccileo19)がシェアした投稿 - 2017 9月 2 3:19午後 PDT

 スペイン代表相手に屈辱の3失点を喫したボヌッチは「議論の余地のないクオリティーを持つ相手に重い敗戦となった。しかし、言い訳はない。多くを学ばなければならないパフォーマンスだった。ワールドカップ出場という目標を見失ってはならない」と悔しい結果となった今回の敗戦を教訓としなければいけないと書き記した。

 さらに、「僕はイスラエル戦は欠場するが、チームメイトはベストを尽くすと確信している」と累積警告により出場停止となる、次節イスラエル戦でチームメイトの奮起に対する期待を綴っている。