中国、北朝鮮核実験で追加制裁支持か 他国にも対応要求へ=元外交官

写真拡大

[北京 3日 ロイター] - 北朝鮮が3日に過去最大規模となる6回目の核実験を実施したことで、北朝鮮の唯一の同盟国である中国に強硬な対応を求める圧力はさらに強まる見通しだ。

中国外務省直属のシンクタンク、中国国際問題研究院(CIIS)に所属する元外交官のRuan Zongze氏は今回の核実験の深刻さから、北朝鮮への石油供給停止を含めた新たな制裁を中国が支持する可能性は高いと指摘。同時に、中国は他の関係国も取り組みを強化する必要性を明確にするとの見方を示した。

中国政府はすでに経済制裁の効果を疑問視しているほか、ここ最近は北朝鮮問題は中国の責任とする欧米やその同盟国を非難し、関係各国すべてが問題解決にあたる必要があると主張してきた。

Ruan氏は「米国は自らの役割に徹するべきで、北朝鮮に圧力を掛けるようむやみに中国に求めるべきではない」と述べた。

中国が最も恐れているのは、北朝鮮の完全な孤立により、同国の体制が崩壊し、大量の難民が中国東北部に押し寄せる事態だ。

中国外務省は3日の声明で、北朝鮮の核実験を非難するとともに、北朝鮮に対し「誤った行動」をやめ、交渉に戻るよう促した。しかし、北朝鮮に対する追加制裁への支持はまだ正式に表明していない。