パパ・ママ必見!おすすめの運動会コーデ

写真拡大

夏の次はスポーツの秋。運動会の練習が始まる幼稚園や小学校は多いのではないだろうか。子供が主役の運動会とはいえ、保護者としてどんな服装で参加すべきか頭を悩ませている人もいることだろう。そこで「GapFit(ギャップフィット)」でPRを担当する井上吉太郎さんに、パパ・ママ向けの運動会コーデを提案してもらった。

■ママ向けは着回しの効くラインナップで

井上さんが担当する「GapFit」は、世界的なカジュアルファッションブランド「GAP」のスポーツウェアライン。早速、ママ向けのコーディネートを紹介してもらった。

「吸汗性や通気性に優れたファブリック『BREATHE(ブリーズ)』を使用したカットソーとジップパーカーに、今シーズンのトレンドでもあるチノパン、ストールを合わせた清潔感あるコーディネートです」(井上さん)

確かに明るい白が目を引く。

「ホワイトを軸にしたトップスとチャコールグレーのボトムスの組み合わせは、派手すぎず地味すぎず、先生や他の保護者の方々にも好印象を与えるでしょう。ストールは、首元を強い日差しや肌寒さなどから守ることができ持っていると便利です。デザインも控えめなエスニック柄で、赤やブルーの模様が差し色になり、ワンポイントになってオシャレですよ」(井上さん)

一見、スポーツウェアには見えないため、運動会だけでなく、子供との公園遊びやキャンプなどのレジャーにも使えそうだ。それぞれのアイテムを単品使用すれば、タウンユースも可能で主婦には有り難いのではないか。

■パパ向けは“オシャレスウェット”がオススメ

パパ向けには、機能と見た目を兼ねそろえた商品を提案してもらった。

「ママさんのトップス同様『BREATHE(ブリーズ)』を採用した、カットソーとスウェットパンツを取り入れたコーディネートです。トップス、ボトムス、キャップを黒で統一しているため、大人っぽくシックな組み合わせですが、後染めチェックシャツを羽織ることでアクティブな印象になります。朝夕の肌寒いときなどにサッと羽織れて便利ですが、腰巻きにしてもネイビーが差し色になってオシャレですよ」(井上さん)

ボトムスのスウェットは丈夫で型くずれしにくい上、ファスナー付きポケットも付いているため運動会で思い切り体を動かしても安心だ。さらに井上さんは自身でも、「キメ過ぎない『清潔感のある着崩し感』がデキる男を演出します」と、パパさん読者へアドバイスをくれた。部屋着のスウェット以外に、このような多機能なオシャレスウェットを1枚は持っていてもよさそうだ。

「デザイン面だけでなく、秋ならワインやブラウンなど季節を感じさせるカラー展開も大切にしています」(井上さん)

季節に合わせた色合いは、やはりオシャレの秘訣なのだろう。今年の運動会は、スポーティかつカジュアルに決め、いろいろな競技により積極的に参加してみてはいかがだろうか。

なお、「教えて!goo」では、「運動会に参加予定のママさん、パパさんに質問です。当日はどんな服装で参加予定ですか?」ということでみんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:井上 吉太郎
Gap Japan Marketingおよび、GapFitとMen’sのPRを担当。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)