転職には向き不向きがある?

写真拡大

今の仕事は自分にふさわしくないのではないか、そのような思いから転職を考える人はいるでしょう。転職の動機とはどういうものがあるのでしょうか。もっと面白い仕事がしたい、給料が高い仕事をしたい、今の業界は将来性がないので転職したい、そういった思いがさまざまにある中においても、転職を思いつき、してしまうと後悔してしまう人もいます。

向き不向きの関係

黒田真行による『転職に向いている人 転職してはいけない人』(日本経済新聞出版社)は、転職の根本をとらえた本です。転職に関する本はエントリーシートや面接などの具体的な対策を解説したものがほとんどですが、本書はそもそも転職にはどういうメリットとデメリットがあるのかといったことまで含めてていねいな解説がなされています。さらに、人によって転職に対して向き不向きがあることもしっかりと記されていますので、転職を考える人はまず手にとってみて損はない本だといえるでしょう。

教訓もある

本書では転職の極意として「前の会社を辞めた理由や恨み辛みを、転職活動に引きずってはならない」「細かい条件にこだわりすぎて選択肢がほとんどなくなる残念な例も多い」といった例が取り上げられています。これは意外に見落としがちなポイントですから、まずは転職のそもそも論をとらえたい人におすすめの本です。