畳の縁なぜ踏んではダメ?

写真拡大

畳の縁は踏んではいけない場所とされています。こうした和室におけるマナーというのはあまり知られなくなってきています。そもそも、なぜ畳の縁を踏んではいけないのでしょうか。

家紋が入っていた?

かつて、畳の縁はその家の家紋が入ったものがありました。当然、家紋はその家を代表するマークであるわけですから、足で踏むのは失礼にあたるという見方があるでしょう。さらに「敷居をまたぐ」という言葉がある通り、畳の縁がその家の要の場所であるという見方もありました。そのため、畳の縁はある種の神聖な場所とされていたという見方ができます。

忍者がいる?

さらに畳の縁は、かつてはその下に忍者が忍び込む場所でもありました。畳の縁のわずかな隙間から光を感じ取り、相手がいたならば、そこで剣を突き刺すといった攻撃法が存在したのです。そのため、畳の縁は命を狙われる場所であるため、最初から踏まないという定めがあったともいわれています。

材質を大切にする

さらに、畳の縁は踏んでしまうと、すり減る原因となってしまい、持ちが悪くなるともいわれていました。このように当時の人々は家を大切にするために、畳の縁ひとつにも気をつけていたといえるでしょう。