サミ・ケディラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドイツ代表のMFサミ・ケディラは、地元でのプレーに興奮している。同選手は、子供たちのために1200枚のチケットを用意したとのことだ。イタリア『ジャンルカディマルツィオ.com』などが伝えている。

 現地時間4日、ドイツ代表はワールドカップ(W杯)欧州予選でノルウェーをホームに迎える。この試合はケディラが生まれ育ったシュトゥットガルトでの開催ということで、現在ユベントスでプレーする同選手にとっては特別な思い入れがあるそうだ。

 ケディラは「2010年からシュトゥットガルトでプレーしていないからね。もちろん感動的な試合になるよ」とコメントした。

 同選手は経済的・健康的に問題のある子供を扱う15の機関に1200枚のチケットを用意したとのこと。「こういった機関への寄付はすごく重要だと思っている。彼らのほとんどがこれまでに試合を見る機会のなかった人だ。その機会を僕が提供できたら、と思ってね」と語っている。

 ドイツ代表は4日の結果次第で、17大会連続19回目のW杯出場が決定する。

text by 編集部