Appleの修理担当者や認定サービスプロバイダなどに提供される、iPhone修理時の判定基準を示した、Appleの内部文書とされるものを『Business Insider』が公開しました。

保証修理・保証外修理・修理不可の3つに分類

文書によると修理が必要と判断された場合、iPhoneの状態を元に「保証修理」・「保証外修理」・「修理不可」に分類されます。

今回流出したとみられる文書は、『iPhone 6』・『iPhone 6 Plus』・『iPhone 6s』・『iPhone 6s Plus』・『iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』が対象です。

保証修理

無料で受けられる保証修理の対象例として、以下の事例が挙げられています。

ただし、保証修理を受けるには購入から1年以内であるか、保証を延長する『AppleCare+』に加入していて、その期間内である必要があります。

保護パネル下に混入したゴミ・画面のドット落ち(ユーザーが主張した場合に限る)FaceTimeカメラのズレ保護パネルの端に1つだけある細い亀裂(衝撃を受けた箇所・他に亀裂がある場合は対象外)

保証外修理

有料で受けられる保証外修理の対象例として、以下の事例が挙げられています。

液体による故障(ユーザーが認めている場合)反応した液体侵入インジケータ(LCI)・サビなどの浸水の痕跡がない保護パネル下の画面に亀裂が入っているレーザー光でiSightカメラが損傷している保護パネルに衝撃を受けて細かい傷が入っている・他にも傷があるチップや保護パネルが砕けているイヤホンジャックやLightningポートが損傷している・異物が取り除けない擦り傷や穴が大量にあるボタンが壊れている・無くなっている本体が曲がっている本体が2つ以上に割けているスピーカーやマイクが損傷している(グリルが損傷・異物が取り除けない)

iPhoneのボディについた傷・テカリ・凹みは保証修理の対象外だとしています。

修理不可

以下の事例では修理を受けることができず、返却されます。

元々の仕様と色・容量・サイズなどが異なる意図的にダメージを与えたり、不正改造を行なったりしたiPhoneを分解したり、一部のパーツを紛失したりしているApple製のバッテリーを搭載していないiPhone本体がバラバラになっている

iPhone本体がバラバラになるほど壊れていても、AppleCare+に加入している場合は保証を受けられることがある、としています。

実際の文書は写真付きで、Business Insiderで公開されています。

Leaked Apple document: How Geniuses decide to replace, repair iPhones under warranty - Business Insider

注意点:公式な文書かは確認できていない

今回の文書はApple関係者から流出したと考えられていますが、Appleはこの文書が本物なのか否かを確認していないので、内容の信ぴょう性は不確かです。

iPhoneの修理が必要になったら、まずはAppleや認定サービスプロバイダで確認してもらいましょう。

参考

iPhone や iPod が水濡れや水没により損傷した場合は保証対象外 - Apple サポートLeaked Apple document: How Geniuses decide to replace, repair iPhones under warranty - Business Insider