女子ゴルフ、ポートランド・クラシック最終日。ホールアウトしてガッツポーズを見せるステーシー・ルイス(2017年9月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】女子ゴルフ、ポートランド・クラシック(Cambia Portland Classic 2017)は3日、米オレゴン(Oregon)州ポートランド(Portland)のコロンビア・エッジウオーターCC(Columbia Edgewater Country Club)で最終日が行われ、ステーシー・ルイス(Stacy Lewis、米国)が通算20アンダーで優勝を飾った。

 ルイスの久々のタイトルは、故郷のヒューストン(Houston)を襲っている洪水の被害者に予期せぬ幸運をもたらすことになる。今週、大型ハリケーン「ハービー(Harvey)」の救助活動のために賞金を寄付すると表明していたルイスは、約3年ぶりとなるツアー優勝を飾った。

 この日、序盤の7ホールで4バーディー、1ボギーとしたルイスはその後の11ホールをすべてパーセーブする安定したゴルフを披露した。

 19万5000ドル(約2150万円)の賞金についてルイスは「信じられません。約束したときの目標は優勝でした。これで家の立て直し、家を取り戻すための支援ができます。それが何よりも重要です」と語った。今回のハリケーンにより少なくとも50人が死亡し、大規模洪水でヒューストンの約5万戸に被害が出ている。

 田仁智(In Gee Chun、チョン・インジ、韓国)が通算19アンダーで2位、ブリタニー・アルトメア(Brittany Altomare、米国)とモリヤ・ジュタヌガーン(Moriya Jutanugarn、タイ)が通算14アンダーで3位タイに続いた。

 今季限りの引退を表明し、米国での最後の大会に臨んだ宮里藍(Ai Miyazato)は、スコアを5ストローク伸ばし、通算13アンダーの5位タイでフィニッシュしている。
【翻訳編集】AFPBB News