W杯出場に王手をかけたいイングランド…指揮官は「戦術的な準備は完了」

写真拡大

 4日、2018 FIFAワールドカップロシア・欧州予選のイングランド対スロヴァキアが行われる。大事な一戦を前にイングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督がイギリスメディア『BBC』にコメントを残した。

 グループFで首位に立つイングランドは、1日に行われたマルタとの一戦を4−0で勝利し、勝ち点を17まで伸ばしている。2位につけるスロヴァキアとの勝ち点差はわずかに「2」。負けられない首位対決を前に、指揮官はチームのクオリティーを称賛した。

 「私たちにはエキサイティングな選手がたくさんいて、ファンにそのパフォーマンスを見せたいと思っている。ウェンブリーでの試合は勝利が求められる。でも、世界中のどこに行っても私たちのファンはスタジアムを、まるでホームのようにしてくれる。それはとてもポジティブなことで、私たちの力になってくれるんだ」とサポーターに感謝している。

 さらに「全ての国がW杯出場を目指している。そして私たちは、そのチャンスを掴めるところまで来ているんだ。戦術的な準備はもう完了している。うまく試合を支配できるはずだ。勝ち点3を持って帰れると信じているよ」と語った。

 イングランドがスロヴァキアに勝利すると、両チームの勝ち点差が5に開く。その場合、10月5日のスロヴェニア戦に勝利すれば、イングランドはW杯出場を決めることができる。