画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アントワークスは9月1日、「頂すたみなトンテキ丼」(税込980円)を全国の「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」店舗で発売した。今回登場する商品は、「すた丼史上最高!?」と謳われている。はたしてどんな商品なのか、早速食べてきた。

○丼の高さは15cm! 豚肩ロースが大量に盛られる

同商品は、肉厚3.5mmの豚肩ロースに特製トンテキダレを絡め、大盛りご飯にたっぷりとのせた丼。肉を山盛りに積み上げ、総重量700gで高さ15cm。比較的ボリュームのある「すた丼屋」のメニューから見ても、かなりの重量級だろう。

高く盛られた豚肩ロースには、ニンニクチップがたっぷりとふりかけられている。ひと口食べるだけでパワーがみなぎりそうだが、人と会う前に食べる時には注意が必要かもしれない。

早速肉を食べてみると、かなり大ぶりで柔らかい。そして特製トンテキダレがご飯に合う味付けになっている。このタレは、甘辛のウスターソースベースに、すた丼でも使う「秘伝のニンニク醤油ダレ」を合わせたものだ。また、肉の下には炒めたもやしとニラが隠れており、シャキシャキとした食感のアクセントが加わる。食べ飽きないようにしっかりと考えられたメニューだった。

この商品は10月31日までの販売を予定している。柔らかくたっぷり盛られた肉に、ご飯が進む味付け、そして700gもあるボリューム。ガッツリと食べたいという人なら、うなること間違いないだろう。