元体操日本代表・岡部紗季子【写真:編集部】

写真拡大

「KUNOICHI」で人気、岡部紗季子さんが「破天荒」に辿り着いた児童体操指導という第2の人生

 夏休みがまだ真っ盛りだった頃、ある日の都内の“教室”には威勢のいい子供と先生の声が響いていた。

「逆上がりはサッカーボールを蹴るみたいに!」

 岡部紗季子。名前に聞き覚えのある人もいるだろう。元体操日本代表選手である。現在、一般の小学生を対象とした体操教室を持っているほか、サッカー元日本代表FW武藤嘉紀らを輩出した「バディスポーツクラブ」で未来のトップアスリートを目指す子供たちに指導も行っている。

 最近は現役時代に培った身体能力を生かし、TBS系番組で“女版SASUKE”といわれる人気企画「KUNOICHI」で活躍。自身のインスタグラムでは中華街で逆立ちや海でバック転する美しいアクロバティックな姿を公開し、人気を博している29歳。なぜ、日の丸を背負った彼女はトップ選手の引退後のキャリアとして「子供たち」を選んだのだろうか。

「単純に体操が好きで。現役時代から、ずっと体操に関わっていきたいという思いがあって。例えば、運動が苦手な子が逆上がりができてうれしいという気持ちになって、体操を楽しいと思ってくれる。そういうことが今、楽しいんです」

 こう言って表情に充実感を漂わせた。その体操人生は、出会いに支えられたものだった。

 体操は経験者の母の勧めで始めた。「何かスポーツをやらせようということで、家の近くにあったということだけ。そこが、たまたま名門だったんです」。ささいなきっかけで踏み出した第一歩。しかし、体を動かし、一つ一つの技を覚えていくうちに体操の虜になった。「バック転とか体操っぽい練習ができるだけで楽しくて。小学1、2年生の頃にはもう『体操選手になりたい』と決めました」。そこから、日の丸を背負うまで飛躍を遂げる。

 ひと握りのトップ選手にまで成長できた理由は何なのか。それを問うと、「縁」という言葉が返ってきた。

「コーチに恵まれていたと思います。基礎から習っていたコーチは私たちが第1期生でいろんな指導を吸収して取り入れていた。クラブにはロシア人の女性コーチも入ってくれて、日本だけでなくロシア流の考え方を学べたから強くなれたということもある。そこから、高校、大学とロシア人のコーチがついてくれて。指導者との縁は大きかったと思います」

引退後はカナダに体当たり留学…帰国後、運命を変えた衝撃的な指導とは?

 身長162センチ。体操選手としては長身で、かつ、日本人離れした長い手足を誇っていた。ロシア流の表現力を取り入れ、ゆかを武器にして台頭。02年にナショナルチームに初選出され、05年には全日本ジュニアで個人総合V。さらに全日本選手権で個人総合連覇を果たし、日本を代表する選手になった。

 明大に進学し、目標としていた08年北京五輪にこそ代表選考で漏れたが、ユニバーシアード日本代表として活躍。輝かしいキャリアを誇ったが、大学卒業を機に第一線から退いた。

「第2の人生」に何をすべきか。思案していくうち、胸の内でふつふつとわき上がってくるものがあった。

「指導の道しか思い浮かばなかったんです」

 自分を育ててくれた体操に恩返しがしたい――。やると決めたら、とことんやる。そう思って、海を渡った。カナダに単身コーチ留学。シドニー五輪で個人、団体合わせて3個のメダルを獲得したエカテリーナ・ロバズニュクのもとへ飛び込んだ。

「選手の時に一番好きな選手だったんです。今、指導にかかわっていると聞いて、その人のもとで働きたいと思った。彼女がいる場所を調べて、そこのジムに飛び入りで……。かなり破天荒だったと思います(笑い)」

 異国の地で1年間、名選手のもと、体操哲学から指導のイロハまで学んだ。そして、指導者としての道は「選手」ではなく「子供」を選ぶことになる。

 帰国後。札幌の体操クラブでインストラクターを務めた。運命を変える、ある指導があった。児童デイサービスという部署があり、発達障害を持つ子供たちを教えた。それが、衝撃的だった。

「自分が知っている知識を一から十まで言ってみても、できない子たちがほとんど。だから『じゃあ、次はこうしてみよう』『こう言ってみよう』と、指導をどんどんと掘り下げていくうちに、最後に達成できた瞬間がものすごくうれしくて。子供にもいい成果が出て、保護者の方も喜んでくれる。それが、こういう仕事して良かったなという瞬間があったんです」

 指導者として、何よりも代えがたい喜びがあった。その時に思った。「トップ選手がトップ選手を教えるという“普通”のルートは私じゃなくていい。トップ選手を教えるより一般の子供を教える方がいいな」と――。道は、定まった。

将来は「『絶対、体操やってくれ』とも思わない」…岡部さんが秘める一番の願い

 現在、子供たちに体操の楽しさを教える毎日。自らも「楽しいです」と言って、うれしそうに笑う。指導する子供たちの将来については「『絶対、体操やってくれ』とも思わない」と明かした。それは、子供を一番に考えるからこそと、本音を吐露する。

「この場所で始めて、サッカー選手になりたいなら、サッカー選手を目指してくれればいい。私は仲介役みたいな立場。体操は幼少期にやると、逆さになったり、丸くなったり、非現実的な動きをすることで運動神経が養われて、いろんなスポーツに役立つと言われている。その一歩を踏み出してあげる機会になればいいなと思っています」

 かつて自分を日本代表にまで育ててくれた「縁」を、今度は自分自身が与えていく。未来の一流アスリートや五輪選手を育て上げたいという気持ちも「すごくあります」と言い、胸を膨らませている。

 最近では「体操をもっと身近に感じてもらいたい」という思いから、TBS系の「KUNOICHI」に挑戦。体操イベントにも積極的に出演し、タレントの立場から競技普及に貢献しようと汗を流している。もちろん、現在の体操界への思いも熱い。

「女子の体操は跳馬とゆかが弱いと言われてきた。でも、最近は宮川紗江選手、村上茉愛選手は去年、その2種目でリオ五輪優勝したシモーン・バイルズ選手(米国)と同じ技ができたりして、すごくゆかが強い。東京五輪に向け、すごく強化されて活躍できる。私が気になるのは表現力。もっと自分を表現できる選手が増えれば、メダルが狙えると思います」

 果たして、自身はこの場所から、どんな未来を築いていくのだろうか。

「私自身もそうだったように、できなかったことが練習してできるようになる達成感は体操の醍醐味。小さい頃、逆上がりが毎日練習してできるようになる達成感は、いろんな場面で生きてくる。そのきっかけを与えられたらいいな。もちろん、ここから一流アスリートだったり、オリンピック選手だったりが出てきてくれたら、すごくうれしいです」

 それぞれの先に待つ未来が、少しでも明るくなることを願いながら、子供たちを優しいまなざしで見つめている。