近年ヒップホップが盛り上がっていますが、白人ラッパーの草分け的存在の、ビースティ・ボーイズをご存知ですか?ヒップホップとハードコア・パンクをかけ合わせた鮮烈なサウンドと、自身のレーベル「グランドロイヤル」を主宰するなど、90〜00年代の音楽シーンとストリート・カルチャーに多大な影響を与えた、ヤンチャでクールな3人組です。

そんなビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほどの名曲。また、ミュージック・ビデオ(MV)でも話題になったこのスマッシュヒットを、ビックリするほど和んじゃう映像とヒュージョンさせた、パロディ動画を紹介します。

の、前にまずは元ネタ
『サボタージュ』

1994年にリリースされたこのシングル曲。70年代の刑事アクションドラマをパロディにしたような内容で、刑事たちの大げさで笑える演技とふざけた感じこそが、ビースティ・ボーイズ!今でも愛される、アイコニックなMVです。

この遊び心満載なMVを懐かしの、あのキャラクターたちが乗っ取っちゃったのです!

お馴染みのキャラ達で
『セサミタージュ』

そう!セサミストリートのバートとアーニー。飛行機から誰を探しているんでしょう?

なぜビッグバードが新聞の一面に…?

元ネタと同じフォント。

ビッグバード「見つかった!」

カウント伯爵も

オスカー・ザ・グラウチも、ゴミ箱から出て運転席に。

最後には、2012年に唾液腺腫瘍を患って亡くなったビースティのメンバーのMCAへのメッセージ。

映像は、1984年に公開されたセサミストリート初の映画『セサミストリート ザ・ムービー:おうちに帰ろう、ビッグバード!』から様々なシーンをつなぎ合わせたもの。お馴染みキャラたちが続々と出て来ます。

元ネタの『サボタージュ』の時代感と、セサミストリートのノスタルジックな雰囲気がいい具合にマッチ。動画から伝わる疾走感と、ドタバタ感がシンクロしてますよ。

Reference:BeastieBoysVEVO
Licensed material used with permission by Adam Schleichkorn