向かって右から渡辺習輔さん、佐矢野利明さん、河室隆一さん

写真拡大

 36年前から障害者雇用を主軸とするホンダの特例子会社、ホンダ太陽は車やバイクの部品を生産。障害者の雇用率は51.9%で、健常者と作業台を並べて組み立てや品質管理を行う。一方、本田技術研究所の特例子会社である“ホンダR&D太陽”の障害者雇用率は84.6%。最新のCAD技術を駆使した機械設計などデスクワークがメーンで、福祉機器や車、バイクの汎用製品の研究開発を行う。

 ホンダ太陽・ホンダR&D太陽にはスポーツアスリートをバックアップする「ホンダアスリートクラブ」がある。メンバーになるには競技会での勝敗やクリアすべきタイムなど厳しい条件があるが、所属選手になれば就業は午前中のみ、午後からは練習に打ち込める。陸上競技3選手に話を聞いた。

 ホンダアスリートクラブ代表でハーフマラソンを中心に活躍する渡辺習輔さん(49才・写真右)は兵庫県出身。コーチとして後進の指導をはじめ、障害のある子供たちにスポーツを通じて体を動かす楽しさを伝える「キッズスポッチャ」など、地域との交流を兼ねたイベントを仕切ってもいる。

 渡辺さんは17才の時、父親が運転する車に同乗中、崖から車ごと転落。思わず天井を手で押さえ体を突っ張ったことで頸椎を損傷。外傷はなかったが、その日から下肢の感覚を失った。

「そこから車いすです。高校出て設計事務所で図面を引いてたんですが、28才になる直前に阪神・淡路大震災が起こって仕事がなくなった。『2〜3年、九州行っておいでよ』とハローワークに言われて…。当時、ここしか仕事がなかったんですよ(苦笑)」

 入社してからは、競技用車いす「レーサー」の設計を担当した。しかしそれまで、車いす競技などは「なんで障害者がスポーツせなあかんのか?」と思っていたという。

「でも図面引いて、自分が作ったレーサーを走らせてみたら、こんな楽しいもん、この世にないやん!って(笑い)」

◆「それまで将来なんて、考えたことはなかった」

 実は佐矢野利明さん(29才・写真中)がホンダR&D太陽に入社したのは、理学療法士を通して知り合った渡辺さんの勧めがあったからだ。養護学校が“唯一の外界”だった佐矢野さんをドライブがてらちょっと大会に連れ出し、レーサーでの走り込みを指導した。

 ある程度走れるようになったところで、佐矢野さんはホンダR&D太陽入社に必要な知識を得るため、職業訓練校へ進学した。

「彼が、養護学校から職業訓練校に進学した初めてのケースなんですよ」と渡辺さん。

 アスリートとしての第一歩を踏み出した佐矢野さん。それは社会人としての自立第一歩でもあった。

「レーサーに乗るまでは、将来なんて考えたことなかったし、考えられなかったです。もともと障害があるから、スポーツに対して苦手意識がありましたし…。でも、渡辺さんはじめ先輩のみなさんが生き生きと仕事や競技に打ち込んでいるのを見て、自分も目的をもって生きていきたいと思うようになったんですね。10代の頃とはすごく変わったと自分で思います。何かに取り組むことに抵抗がなくなりましたから。

 つねに目標があるということ。負けるもんか!と踏ん張れるようになりました。これも渡辺さんはじめ、みなさんのサポートのおかげです」

 ハーフマラソンから始めた佐矢野さんだったが、軽量の体をより生かせると思い、3年前に100m競技に転向。ウエイトトレーニングで上半身も徹底的に鍛え、現在、90kgのウエイトを持ち上げるという。

 ただ…と渡辺さん。

「クソまじめなんですよ、こいつ。練習は一生懸命するし走りもきれいなんだけど、ワイルドさが足りないんだよなあ。人を利用して欺くずる賢さがなきゃ、世界の強豪には勝てない」

◆下半身不随になって、「じゃあ、車いすで走ろう!」

 フルマラソンの選手、河室隆一さん(44才・写真左)は6年前に建築現場で木材が崩落。背骨を複雑骨折、下半身不随となった。しかし、河室さんはここからがすごかった。

「事故に遭うまでマラソンやってまして、さて、自分の足では走れなくなったと。じゃあ、車いすで走ればいい!って思って。健常者の頃から車いすレースのことは知っていましたしね。ホンダ太陽へはリハビリ室で紹介してもらって5年半前に入社しました。で、アスリートクラブのことを知って、もうここに入るしかないだろうと思いまして、毎日仕事が終わってから必死に練習しました。3年かけてようやく所属選手になったんです。今、午後は全部走っていられる。レーサーはスピードが出るし、風を切るあの感覚がたまらないです」

 むちゃくちゃ嬉しそうに河室さんが笑った。

「だって、生きてるんですから。足が動かなくたってできることあるよね、って。ただ、センスないんで(笑い)、人よりがむしゃらに練習して、研究するしかないんですけど。毎日?劼倭ってます」

「そのくせ本番に弱いんですよ、こいつは。練習バカです」

 一同、大爆笑となった。健常者も障害者もない。そこには、自分の可能性に挑戦し、人生をフルで楽しむアスリートたちの姿があった。

撮影/川口賢典

※女性セブン2017年9月14日号