的確な戦法と個々のプレーによってオーストラリアの力を半減させ、大一番を制してロシア行きを決めた日本。大きな関門を突破した。しかし、本大会のことを考えれば、今後の試合こそ重要なものとなる。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 8月31日のロシア・ワールドカップのアジア最終予選、オーストラリアの日本に対する戦い方は、あまりに愚直だった。
 
「ポゼッションはできたが、効果的ではなかったと思う。(攻守の切り替えの)トランジッションで問題を抱えていた」
 
 アンジェ・ポステコグルー監督はこう述懐しているが、まるで意固地になったような後方からの繋ぎは、日本の“いいカモ”になった。敗戦の決定打となった2失点目も、日本選手が密集した地域で無理に繋ごうとし、不用意なバックパスを狙われ、井手口陽介にドリブルからのシュートを許した。
 
「チャンスを決められず、有利な展開にならなかった」
 
 ポステコグルー監督は総括したが、あまりにイノセントな戦い方だったと言える。3バックは日本の3トップにはめられるかたちで、ダブルボランチもインサイドハーフに抑えられ、まるで工夫がなかった。
 
 左右のウイングバックの攻撃力に強みがあるにもかかわらず、そこに行く経路を封じられていた――。
 
 こうしてオーストラリア側から決戦を振り返ると、日本の戦いが老獪だった様子が滲み出てくる。
 
 日本は、オーストラリアにゴールを与えない装置を、あちこちに施していた。まず、前線からのプレッシングを徹底。中盤では、攻守にインテンシティーを与えられる選手を起用していた。この2つの戦線をも乗り越えてきた攻撃に対しては、バックラインがラインを下げずに対峙した。
 
 日本は戦略的にも、戦術的にも、オーストラリアを上回った。
 
 試合の分岐点をひとつだけ挙げるなら、オーストラリアがトミ・ユリッチ、ティム・ケイヒルを投入し、2トップにした時間帯だろうか。
 
 オーストラリアは、CFタイプのユリッチが入ったことで、駆け引きとボディコンタクトによって日本のCBを疲弊させる。
 
 最前線に杭を打ち込んだことで日本の中央部の守備をたわませ、これによって得意とする両サイドからの攻撃が活性化した。日本を揺さぶり、81分にはマシュー・レッキーがミドルシュートを浴びせ、右ポストを叩いている。もし、このレッキーのシュートが決まっていたら、潮目は変わっていただろう。
 
 しかし、その1分後だ。日本は、オーストラリアの敵陣内での安易な繋ぎをカット。これを拾った井手口が推進力の高いドリブルで持ち込み、強力なミドルを叩き込んで、試合を決めた。
 勝者と敗者に、大きな差はなかった。
 
 ひとつ言えるのは、オーストラリアがあまりにポゼッションにこだわったことが、傷を深くしたということだろう。
 
 それは、強迫観念に近かった。
 
 バックラインの選手は、GKも含めて、十分な足技があるわけでもないにもかかわらず、無理をしてでも繋げようとしていた。それは戦術的にタブーを犯しており、自ら罠にかかって、死地に入ったも同然だったろう。
 
 オーストラリアの姿は、ブラジル・ワールドカップでのザックジャパンをも想起させた。「らしさ」を追求するあまり、機を掴めない。惜しい試合をするのだが、勝負弱さを露呈する……。
 
 その点、ハリルジャパンが守りに徹することができるようになったのは、メリットであることは間違いない。
 
 もっとも、守ることだけに没頭すれば、やはりバランスは崩れる。逆に言えば、オーストラリアが見せた繋げる試みやサイドアタックは、日本にとってもひとつの可能性だろう。
 
 現状に甘んじるべきではない。
 
 オーストラリア戦ではベンチに座った香川真司、柴崎岳、本田圭佑、あるいは故障離脱中の清武弘嗣や新鋭の鎌田大地など、一発のパスで局面を打開できるファンタジスタを起用する余地も残すべきだ。
 
 臨機応変な柔軟な戦いこそ、日本が世界の強豪に立ち向かうために必要な「兵法」となるはずだ。
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。