そろそろ夏も終わりに近づき、朝晩が涼しくなってきた。今年の夏はあまり暑くはなかったが、私にとってはなかなかどうして、厳しいシーズンだった。あっという間の一カ月半だったとはいえ、子どもたちがずっと家にいる状態で、一日三度の食事のしたく、夏休みの宿題、その他、やることは山積みの状態。ううう……。それに加えて自分の仕事も忙しく、とにかくめまぐるしい日々だった。やっとのことで九月に入り、これからは少しだけゆっくりできるのではと心弾ませている。

子どもの好物ばかり作らねばならない夏は、大人にとっては少し退屈だ。新学期もはじまったということで、最近は自分の好きなメニューをせっせと作るようになった。その筆頭がヨーグルトベースのカレーだ。同じ作り方で鶏肉を使ったカレーも作るけれど、今回紹介するのは海老。辛さも控えめにして、たっぷりのヨーグルトとトマトで爽やかに仕上げるようにしている(ただし、生姜もニンニクもたっぷり入れている)。

まず、皮をむいて背わたを取った海老を、ヨーグルト、カレー粉、すり下ろしニンニク、塩と一緒にタッパーで混ぜ、そのまま冷蔵庫へ(A)。

次に油を引いたフライパンに、すり下ろし生姜、すり下ろしタマネギ(面倒だったらみじん切りで可)、赤唐辛子、クミンを入れて熱し、いい香りがしはじめたら(A)を入れ、しっかりと炒めたら(海老が赤くなるまでしっかりと)、トマトを入れ、水を注いでそのままコトコト30分ほど煮込む。仕上げにケチャップを少しだけ入れて味を整える。

辛いのが好きな人は、赤唐辛子をたっぷり入れてください。自分の好きな味になるように、適宜、スパイスなど加えるとオリジナルカレーができあがって、より楽しいと思う。ヨーグルトと海老の組み合わせはとてもさっぱりとしていて、今の季節にぴったり。あまり手の込んだメニューではないけれど、たまにはそんな感じもいいじゃないですか。夏の疲れを癒やしてください。是非。

材料 (2人前)

(A)

海老 6尾

ヨーグルト 200g

塩 小さじ1

ニンニク(すり下ろす) 2片

カレー粉 大さじ2

(B)

しょうが(すり下ろす) 1片

たまねぎ(すり下ろす) 1/2個

トマト 1個

クミン 大さじ2

水 200cc

ケチャップ 適宜

赤唐辛子 適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック