米大統領、不法移民の送還猶予撤廃へ 代替案検討は容認=関係筋

写真拡大

[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ米大統領は、子供時代に親に連れられて米国に不法入国した若者に一時的に就労許可を与え、強制送還を猶予する「DACA」政策を撤廃する方針だが、6カ月内に議会が代替法案を策定することは認める見通し。事情に詳しい2人の関係筋が3日、明らかにした。

同政策は全米で80万人近くが対象となっており、「ドリーマー」と呼ばれている。