ダーレン・アロノフスキー監督最新作『マザー!』2018年1月に日本公開へ

写真拡大

 ダーレン・アロノフスキー最新作『Mother!(原題)』の邦題が、『マザー!』に決定し、2018年1月19日に日本公開することが決定。併せて場面写真が公開された。

(参考:ハリウッド版『ゴジラ』で脚本を務めたディーン・デヴリン監督作『ジオストーム』日本公開決定

 本作は、郊外の一軒家に住む一組の夫婦が、不審な訪問者によって穏やかな生活が一転していくサイコ・ミステリー。『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンス、『ノー・カントリー』で助演男優賞を受賞したハビエル・バルデムが初共演するほか、『ブラック・スワン』で監督賞にノミネートされたダーレン・アロノフスキーが 監督・脚本を勤める。

 また、本作はベネチア国際映画祭に出品される。

(リアルサウンド編集部)