宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

今季最高5位…世界のファンも悲しみ「恋しくなる」「世界にはアイのような存在必要」

 米女子ゴルフのポートランド・クラシック最終日は3日(日本時間4日)、13位から出た宮里藍(サントリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダーで今季最高の5位でフィニッシュした。次戦はエビアン選手権(仏エビアン・リゾートGC)に参戦するため、これが米最終戦。LPGAは「願わくば、サヨナラと手を振ってほしくない」と公式ツイッターは“最後”の藍ちゃんスマイルを動画付きで紹介し、ファンから「恋しくなる」「世界にはアイのような存在必要」と惜別の声が上がっている。

 もうアメリカで、この笑顔は見られない。宮里は4番からの4連続バーディーを含め、圧巻の67。順位を8つ上げ、優勝したステイシー・ルイス(米国)と7打差の5位に入った。

 LPGA公式ツイッターは「願わくば、サヨヨラと手を振ってほしくない。でも、それは“また会おうね”なんだと捉えよう。アイ・ミヤザトは米最終戦を終えた」と速報。元世界ランク1位の偉大な選手を称えるように声援を送るファンに対し、笑顔で手を振って宮里の姿を動画付きで紹介していた。

 これには、日本のファンのみならず、海外のファンも感傷に浸っていたようだ。

広がる宮里ロス「偉大な選手であり象徴」「一番大好きなゴルファー」「みんな寂しく感じる」

「彼女がいないと寂しくなるな」

「彼女は偉大な選手であり象徴だ」

「アイ・ミヤザトがいなくなるのは寂しい。だが、私にとってはいつまでも一番大好きなゴルファーだ」

 コメント欄には惜別のコメントが上がっていた。さらに、宮里のインタビューを紹介した投稿でも「一流だ! アイが恋しくなるだろう」「世界にはアイのような存在がもっと必要だ」「幸運を。みんな、寂しく感じるだろうね」などと宮里ロスを悲しむ声が相次いだ。

 次週は泣いても笑っても最後のエビアン選手権。世界のファンから惜しまれつつ、キャリアに幕を引く宮里は有終の美を飾って終われるだろうか。