スティーリー・ダンのウォルター・ベッカー、死去

写真拡大

60年代終わり、大学でドナルド・フェイゲンと出会い、スティーリー・ダンを結成したウォルター・ベッカー(G/B)が、日曜日(9月3日)亡くなった。67歳だった。

◆ウォルター・ベッカー画像

現時点で、死因は明かされていないが、ベッカーの公式サイト(Walterbecker.com)は、彼の子供のときの写真と近影を並べ「ウォルター・ベッカー 1950年2月20日 ― 2017年9月3日」と記した。

ベッカーは体調不良のため、7月にアメリカで開かれた2つのフェスティバル<Classic West><Classic East>でのスティーリー・ダンのパフォーマンスに参加していなかった。ドラルド・フェイゲンは先月初め、『Billboard』誌のインタビューで、病名などには触れなかったが、「ウォルターは回復しつつあり、すぐに元気になることを願ってる」と話していた。

その願いは届かず、長年の友人、相棒を失ったフェイゲンは、ウォルターとの思い出を振り返り、「僕らは永遠に彼を恋しく思う」との追悼文をFacebookに寄せている。

ウォルターが参加したスティーリー・ダンのアルバム『Two Against Nature』(2000年)は、グラミー賞で最優秀アルバム、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムなど4部門を受賞。ウォルターは2001年、フェイゲンと共にスティーリー・ダンとしてロックの殿堂入りを果たした。

合掌。

Ako Suzuki
Photo by Sandrine Lee