宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

67の圧巻チャージで5位…米最終戦も涙なし「素晴らしい方々と出会うことできた」

 米女子ゴルフのポートランド・クラシック最終日は3日(日本時間4日)、13位から出た宮里藍(サントリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダーで今季最高の5位。次戦はエビアン選手権(仏エビアン・リゾートGC)に参戦するため、米最終戦となった宮里は涙を見せず、「まだ私のキャリアは終わってませんよ」とにこやかだった。LPGA公式サイトのインタビューで語った。

 これで引退するなんてもったいない。そんなファンの声が聞こえてきそうなプレーだった。

 宮里は4番からの4連続バーディーを含め、圧巻の67。順位を8つ上げ、優勝したステイシー・ルイス(米国)と7打差の5位に入った。LPGA公式ツイッターは、にこやかにファンの声援に手を振る宮里の姿を動画付きで速報。現地でも大きな注目を集めていた。

 ラウンド後、LPGA公式サイトが公開したインタビューで、宮里は米最終戦を振り返った。

「LPGAではいろんなことがありました。最も印象的なのは、ここでできた多くの友人です。これらのトーナメントを通じて、素晴らしい方々と出会うことができました」と感謝を述べた。

次週のエビアン選手権で引退「最後の戦い。このまま幸せに終われたらいい」

「引退の決断は悲観的になるのでは?」という質問を受けると「まだ私のキャリアは終わっていませんよ」と笑った。

「たぶん、引退後は日本に帰ることになると思います。故郷に滞在し、多くの友人とハグするでしょう。そこから先の将来に何が起こるかは様子を見てみるつもりです」と今後について語った。

 次週はエビアン選手権に挑む。「今はトーナメントを楽しむことだけを意識しています。そして今週、私にとって最後の戦いを迎えます。このまま幸せに終われたらいいですね」と前を向いた。

 これが、泣いても笑っても現役最終戦。宮里は最後まで宮里らしく最後の戦いを迎える。