お食事デートで恋が終わった…男性にドン引きされるシーン6

写真拡大

 気になる男性と少人数の飲み会、いよいよ2人でお食事デート…など、恋に食事はつきものです。でも、食事の場ではもっとも人間性が出てしまうもの。食事をめぐってついやらかしがちな、男性から見たドン引き行為を探ってみましょう。

◆その1:料理取り分けにお酌…気がきく女アピールをしすぎ

 食事会で大皿のものを取り分けたり、ドリンクが無くなりそうになるとすぐ声をかけたりお酌する世話焼きタイプ。さりげなくやる分にはいいのですが、やりすぎて「気がきく私」アピールをするとウザいものです。

 取り分けられるのが嫌いな男性もいるし、場合によっては「常に見られているようで怖い」なんてドン引きされることも…。

◆その2:「何でもいい」という返事

 どの店に行く? 何が食べたい? と彼に聞かれて、女性は「何でもいい」と返すことがあります。「アナタに合わせるわ」という意思表示なのでしょうが、相手が提案をすると嫌な顔をしたり断ったりしていませんか?

 その態度は、男性から見ると「なんでもオレ任せにしないで、少しは自分で考えろ!」と思われていることがあるようです。

◆その3:食事中に髪をいじる

 デートで食事をしていて、髪形が気になって前髪を直したり、手持ち無沙汰で髪を触ったりしていませんか? この行為、意外と男性からは不評です。食事の席で髪をよく触る女性は、なんとなく不潔なイメージを持たれてしまうようです。

 また、相手が話している時に髪をいじると「オレの話面白くないのかな…」なんて印象を与えかねません。

◆その4:お店に合ってないファッション

 たとえば、「今夜は居酒屋で気楽に飲む」とわかっているのに、キメキメのワンピースにハイヒールで来る女性。

 逆に、ちょっとシャレたレストランなのに、襟なしカットソーにナマ足むき出しで来る女性――。

 待ち合わせで会った瞬間に、男性は「ゲッ…」と引いているかもしれませんよ。賢い女性は、流行よりもTPOを優先させましょう。

◆その5:料理が来ると、すかさずスマホで撮影

 これは男女を問わずやる人がいますが…。気に入った一品を撮るぐらいならまだしも、出てくる料理をいちいち撮って、その場でSNSに上げる人までいますよね。

 人によってはかなり不快に感じる行為なので、特に初めてのお食事デートではキケン! スマホはバッグにしまっておきましょう。

◆その6:前かがみになる“犬食い”

 食べ方が汚いのは、ドン引きされること必至! 細かいマナーに自信がなくても、せめて“犬食い”だけはやめましょう。お皿に顔を近づけて前のめりになって食べる“犬食い”は、一発で品が悪く見えるもの(お店で見回すと、これやってる女性、多いです)。

 ちゃんと背筋を伸ばして、顔をお皿に近づけない…これだけは気をつけましょう!

<TEXT/HONTAKA>