画像

写真拡大 (全6枚)

 DataSignは、上場企業3,558社のコーポレートサイトを対象に独自調査を行い、利用されているWebサービスをまとめた「DataSign Report」を公開した。

 DataSignは、国内の上場企業3,558社のコーポレートサイトを対象に「利用されているWebサービス」についての独自調査を実施。その結果をまとめたレポート「DataSign Report」を公開した。調査の結果は以下の通りだ。

●Webサービス総合の部門では「Googleアナリティクス」が断トツのトップ!

 初めに上場企業3,558サイトで検出されたサービスのランキングでは、「Googleアナリティクス」の利用社率が83.05%と、圧倒的な利用率を示す結果に。国産サービスでは、「E-IR」「User Insight」の利用率が際立つ結果となった。

●広告分野のサービスで最も使われているサービスは「DoubleClick」

 また同調査では、検出されたサービスをタイプ別に分けたレポートも作成。広告分野のサービスでもっとも検出数が多かったのは「DoubleClick」で、検出数は1,568。2位の「AdWords」の検出数493に大差をつけた。

●アクセス解析サービスも、「Googleアナリティクス」がほぼ独占

 次にアクセス解析のサービスでは、全体の検出数でもトップだった「Googleアナリティクス」の独占状況が明らかになった。

●ソーシャルプラグインでは「Facebook for Developers」に軍配

 ソーシャルプラグインのサービスでは、「Facebook for Developers」が検出数642(比率18.04%)で、「Twitter Platform」が検出数358(比率10.06%)という結果に。Facebookが2位以下の2倍以上の検出数を出した。

●タグマネージャーでは「Googleタグマネージャー」が1位に!

 さらに、タグマネージャーのサービスでも「Googleタグマネージャー」が検出数601と、2位の「Yahoo!タグマネージャー」に2倍以上の差をつけていることが明らかになった。

 【調査概要】
 ・調査主体:DataSign
 ・調査対象:上場企業3,558社の公式Webサイト
 ・調査日:2017年8月19日
 ・調査方法:同社のサービス「DataSign FE」を用いたクローリングによるもの

MarkeZine編集部[著]