武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は3日、ロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦に向けて練習を行った。

 8月31日のオーストラリア戦で2-0と勝利したハリルジャパンは、6大会連続となるW杯出場を決めた。武藤嘉紀はベンチ外だった。「最後の最後」に伝えられ、「本当に悔しい思いの方が強かった」と振り返る。

 だが、心にあったのは悔しさだけではない。すぐに気持ちを切り替え、前を向いた。

「W杯を決めてもらって、自分は関われなかったですけど、そこに出るチャンスをもらえたってことなので。それはプラスと考えて、そこで出られればいいと。やっぱりW杯の本戦に出場すること、そのためにも次の試合だったり、ここからの親善試合とか、そういうのが本当に大事になるかなと思います」

 オーストラリア戦では大迫勇也、乾貴士、浅野拓磨の3トップがスタメン出場。彼らについて武藤は「前3人が非常によく走っていたので、自分が出た時にも同じように前からしっかり走って。とにかく走る量っていうのは増やさなければいけないと思う」

 アタッカーとして攻守に貢献できる武藤だが、ストライカーとしての進化を目指しているようだ。

「トレーニングから点を取りに行くことだったり、やっぱりよく言えばエゴイストに。パスとシュートのチャンス、両方来たらシュートを選べるような。そういう我の強さは持ち合わせなければならないと思う」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にアピールし、まずはサウジアラビア戦出場を勝ち取りたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部