トランプ米大統領、米国と同盟国の防衛に対するコミットメント再確認

写真拡大

[ワシントン 3日 ロイター] - 米ホワイトハウスは3日、北朝鮮が核実験を強行したことを受けてトランプ米大統領と安倍首相が電話会談し、北朝鮮による「地域を不安定化させる継続的な挑発的行動」を非難したと発表した。

トランプ大統領はまた、米国が「あらゆる外交手段や通常戦力および核能力を使って」米国と同盟国を防衛するというコミットメントをあらためて確認した。

ホワイトハウスの声明によると、大統領と首相は「相互防衛の強固なコミットメントを確認し、緊密な協力を継続することを約束した」。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)