ルカ・モドリッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間3日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIで、クロアチアはコソボに勝利して首位に再浮上した。だが、MFルカ・モドリッチはFIFAの対応に腹を立てている。クロアチア『インデックス』などが伝えた。

 グループI第7節は、2日に開催された。しかし、クロアチア対コソボは天候不良のため前半途中に中断となり、最終的に翌日に延期されている。クロアチアはこの試合に1-0で勝利した。

 クロアチアは5日にトルコとのアウェイゲームが待っており、中1日で大一番の準備をしなければいけない状況だ。

 モドリッチは「FIFAは選手のことなんて気にしない。試合が行われたかどうかしかないんだ」とコメント。「もし選手のことを気にしているなら、トルコ対クロアチアの試合を水曜日に延期したはずさ」と不満を口にした。

 3日のコソボ戦に勝利して首位を維持しているクロアチアだが、勝ち点2差でウクライナ、同3差でアイスランド、同5差でトルコが追ってきている。1日の準備期間の差が大きな違うを生む可能性があるだけに、モドリッチも苛立ちを隠せない様子だ。

text by 編集部