ルーニー、飲酒運転の余波で厳罰も…

写真拡大

『Mirror』は3日、「エヴァートンのロナルト・クーマン監督は、ウェイン・ルーニーの飲酒運転に怒りを覚えるだろう」と報じた。

先日、代表を引退することを発表したルーニー。エヴァートンに専念すると宣言したあと、彼は飲酒運転で逮捕されることになった。

代表チームが活動している裏で、彼はナイトクラブでの夜遊びをし、さらにゴシップの報道では浮気相手の車を運転して逮捕されたとも。

エヴァートンのロナルト・クーマン監督は規律に厳しい人物として有名である。

記事によれば、ルーニーの復帰にあたってクーマン監督はいくつかのルールを定めていたという。

当初からクーマン監督は彼の飲酒習慣に懸念を抱いており、一定以上のアルコールを摂取しないよう要求していたとのこと。

科せられる罰金はおそらく32万ポンド(およそ4414万円)にも及ぶと考えられており、あるいは謹慎処分が加えられる可能性もあるという。

インターナショナルマッチウィークが終わった後、ルーニーはエヴァートンでどのような状況になるのだろうか?