ガキじゃないんだぞ!アーセナル愛するプティが選手に苦言

写真拡大

『Mirror』は3日、「元アーセナルMFエマニュエル・プティは、今の選手たちはモチベーションが感じられないと苦言を呈した」と報じた。

今季もまた難しい状況に陥っているアーセナル。開幕からの3試合で2敗と低迷し、移籍に失敗したアレクシス・サンチェスもボイコットの可能性が示唆されている。

チームの団結が失われているとも言われる中、かつてアーセナルでプレーしたエマニュエル・プティは以下のように話し、「ガキのように振る舞うな」と厳しく語ったという。

エマニュエル・プティ

「アーセナルのプレーを見ると、モチベーション無しで戦っているように見えるよ。

批判はアーセン・ヴェンゲルに集まっている。しかし、私はその責任が全て彼にあるとは思わないんだ。なぜそうならなければならない?

世界で最も大きなクラブの一つでプレーしていて、世界で最も素晴らしいスタジアムで戦っているのに、なぜモチベーションを失うのか?

アーセナルのシャツを着ることがどんな意味を持つのか。それがわからない人達もいる。

彼らはアーセナルのようなクラブでプレーして、良いお金を手に入れている。なのに幸せでない、モチベーションがない選手がいる。なんでそうなる?

誰かが膝を突き合わせて言うべきだよ。『君たちはガキのように振る舞うべきではない』ってね。

彼らはアーセナルのシャツを着ることに誇りを持たなければならない。

多くの選手は、このクラブに居ることがどれだけ幸運であることかわかっていないようだ。

私はそれを揺り動かし、アーセナルというクラブを代表してプレーするという幸運を彼らに教えたいよ。

もしアーセナルが今季何かを成し遂げたなら、チームはモチベーションを取り戻さなければならないよ。そして、選手はその責任を果たさなければならない」