認知症の行方不明者は激増中

写真拡大

 嘘だろ。たった10分、コンビニへ買い出しに行っただけなのに──。さっきまで、妻はテレビを見て笑っていた。夕飯のおかずと飲み物を急いで買ってくるくらいなら、大丈夫だろうと思っていた。

 テレビはついたまま。飲みかけの湯飲みからは、まだほんのり湯気が立っている。座っていた座布団は凹んだままで、温もりが残っている。携帯も財布も、外出する時にいつも履く靴もそのまま。認知症の妻だけが、いなかった。

 それでも、その時は“すぐに保護されるだろう”と思っていた。70すぎの女が、自分の足で遠くに行けるはずがない。

 だが、違った──。2年経っても、3年経っても妻は見つからなかった。ニュースで「高齢女性の遺体が発見された」と聞くたびに、心臓が波打つ。“妻でありませんように”。そう祈る一方で、最近では“遺体が妻だったら楽になれるのに”と頭をよぎるようにもなってきた。

「消えた人」であれ、あるいは「待つ人」であれ、こんな《悪夢》が、数年後の日本では誰の身にも現実に起こり得るのかもしれない。

 警察庁が発表するデータは衝撃的だ。昨年1年間で全国の警察に届け出があった行方不明者のうち、「認知症」を患っていた人数は1万5432人。前年に比べ26.4%も急増した。増加ペースは年々上がっており、今や行方不明者全体のおよそ2割を占める。介護施設情報誌「あいらいふ」編集長の佐藤恒伯氏がいう。

「団塊の世代が全員75歳以上になる2025年以降は、さらに問題は深刻化するでしょう。全国の至るところで、どこからやってきたか、自分が誰かもわからない認知症患者が徘徊する社会が現実のものになるかもしれないのです」

◆どうしてそんなところに?

 年間1万5000件の“行方不明事件”のなかで、幸いすぐに見つかった事案の関係者が異口同音に口にするフレーズがある。「どうしてそんなところに」──。

 東京・大田区のデイサービス施設の関係者が、80代の男性Aさんがとった驚きの行動を証言する。

「Aさんはデイサービスの合間、ちょっと目を離した隙に玄関から抜け出した。風の強い冬の日で、所持金もない。遠くに行けるはずがないと思ったので、近隣を重点的に探していました」

 ところが数時間後、Aさんが発見されたのは施設から約10km離れた大井埠頭(品川区)の桟橋だった。

「埠頭までは幹線道路や運河に架かる橋をいくつも渡らないと辿り着けない。強風の中、どうやってたどり着いたのかはご本人も説明できない。足がパンパンに腫れていたので徒歩だったのでしょう。セーター1枚の部屋着姿で、体は冷え切っていた」

 Aさんのようなケースは、“季節外れの服装”で第三者が異変に気づくことができる。厄介なのは、周囲が気づきようがない場合だ。別の施設関係者がいう。

「Bさん(70代女性)はいわゆる“まだら”の状態で、会話も成立するから普通のおばあちゃんにしか見えません。その日、お迎えに行ったら自宅は空っぽ。自転車に乗らない方なので『徒歩にて移動』と通報したのですが、発見された時には、なんと持ち主不明の自転車を押していた。顔写真を持って目を光らせていた隣町のケアマネさんのおかげで奇跡的に見つかった」

 前出・佐藤氏がいう。

「認知症の行方不明者は、届けが出た当日から数日の間に見つかっているケースが大半です。ただ、昨年も471人が死亡した状態で見つかっています。決して少ない数字ではない」

 命にかかわる問題にもかかわらず、対策は難しい。

「突然、普段と行動パターンが変わっていなくなってしまう人もいる。入所している施設で職員から“大人しくてあまり手が掛からない”と思われていたCさんが、突然いなくなったことがあった。翌日に見つかった時は10km以上離れた場所でうずくまっていたのです。履いていたのは施設のサンダル。いきなり、普段とは全く違った“力”を発揮してしまうことがあるんです」(同前)

※週刊ポスト2017年9月15日号