「アマゾン川の怪物」の正体とは 生物学者が不可解な事件に立ち向かう

写真拡大

所ジョージと杉野真美アナウンサーがMCを務め、ビートたけしがスペシャルパネリストとして出演する日本テレビ系の人気番組『世界まる見え!テレビ特捜部』(毎週月曜20:00〜)。9月4日は「アマゾンを走る法廷船」「アマゾン川の怪物」などのコーナーが放送される。

「アマゾンを走る法廷船」では、南米のジャングルを流れる世界最大の大河アマゾン川で活躍するとある船を紹介。川沿いには多くの人たちが暮らしているため、トラブルはつきもの。都市部から隔絶されたアマゾンの地には弁護士もいなければ裁判官も不在で、もちろん裁判所もない状態。そのため、トラブルを一手に担う移動法廷船が存在するという。世界一広大な川で起こるトラブルと、その裁判を扱う法廷船の裁判官に密着する。

また、「アマゾン川の怪物」では、「アマゾン川でボートの後ろに乗っていた男性がいつの間にか姿を消した」といった、アマゾン川で次々に起こる不可思議な連続失踪事件に、生物学者のジェレミー・ウェイドが立ち向かう。果たして、アマゾン川で何が起こっているのか。

「猿の島&チベットの塩田」では、西アフリカ・リベリア共和国のジャングルを流れるファーミントン川の下流にある、たくさんの猿が存在する謎の島を取り上げる。島で何が起きているのかを解明するべく、アメリカ人ジャーナリストが島を大調査。また、標高6000メートル級の山々に囲まれたチベット自治区南東部を流れるランソウ江の標高2600メートル地点には、塩水が湧き出す井戸「塩泉」が存在。川なのに塩水とは、一体どういうことなのか。

そして「世界の水辺での映像集!」では、「南米コロンビアの川が絵画の様に見えるカラフルな川に変身!?」「川にぽっかり開いた不気味な穴」など、世界中の水辺で起きたミステリアスな映像を一挙に紹介していく。笑える水辺でのハプニングにも注目だ。